【緊急対応】トラブル&メンテナンス

【緊急対応】トラブル&メンテナンス

リムバンドとコグの製品の問題とお詫び①
2012年7月から今年3月までに218KamelJを購入されたユーザーの方にお知らせ
218Kamel Jのユーザーで、2012年7月から今年3月までにご購入いただきました方にご連絡させていただきます。218Kamel Jは2年前の2011年7月から販売を開始し、「日本での組み立て、」「スペインでの組み立て、」「中国での組み立て、」と継続してきました。その中の中国で組み立てされたモデルで、冒頭の期間に製造・販売されたものに付きまして、2月下旬にパンクが1件発生し、確認の結果、使われていたリムバンドが、MJで指定したナイロン製ではなく、ゴム製であったと分かりました。ゴム製のリムバンドはリムの肉抜き穴との摩擦で、劣化が起こり、特に後輪は空気圧を1.5Bar以上にすると劣化が進みやすく、更に劣化が進行すると、チューブがダメージを受けてパンクする可能性があると分かりました。また、その中の21台は、リヤスプロケット(コグ16T)も、こちらの指定したものと違うタイプが使用されておりました。トライモードで激しく走らない限り、問題はないのですが、出来れば(早期に)交換していただきたいです。お手数ですが、問題終了まで、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。218Kamel Jのクオリティを維持するべく、今後は品質管理を更に厳しくし、再発防止に勤めていく事をお約束させていただきます。
MJ代表 平野 博

リムバンドとコグの製品の問題とお詫び②218KamelJの組み立て工程で不備があり、リムバンドとコグの製品の問題点は、MJ平野のレポートの通りです。 また交換用のリムバンドの発送は大変遅くなり申し訳ございません。交換、改善に全力を尽くします。ゴム製のリムバンドはリムの肉抜き穴との摩擦で、劣化が起こり、特に後輪は空気圧を1.5Bar以上にすると劣化が進みやすく、更に劣化が進行すると、チューブがダメージを受けてパンクする可能性があります。出来るだけ早く交換して下さい。既にチューブやコグがダメージを受けている場合は、CLUB BIKETRIAL 三嶋までご連絡下さい。お問合せ:shop@club-biketrial.jp

 

【リムバンドのトラブル】
ゴム製のリムバンドはリムの肉抜き穴との摩擦で、劣化が起こり、特に後輪は空気圧を1.5Bar以上にすると劣化が進みやすく、更に劣化が進行すると、チューブがダメージを受けてパンクする可能性があります。

【対処】リムバンドの交換
チューブにダメージが広がる前に、交換をお願い致します。

◎実例写真

 

【リヤスプロケット(コグ16T)のトラブル】
組み立て段階で、こちらの指定したコグと違うタイプが使用されています。下記の写真で比較いただくと分かるとおり、リヤのハブとの接続部分の厚みが違います。トライモードで激しく走るなど、駆動の負荷が大きいと、強度に耐えられなくなり、ネジ山が破損する場合があります。すぐには危険な状態になるわけではありませんが、ほおっておくとハブに破損が広がり、交換が必要になってしまいます。早期にコグの変更をお願いいたします。

【対処】指定のコグと交換

コグの取り外しには特殊工具が必要です。個人で対処できない場合、ご面倒ですが、タイヤを外してCLUB BIKETRIALにお送り下さい(写真参照)。発送費用は着払いで結構です。無償にて交換させていただきます。交換業務が一度に集中した場合は、少し遅れる場合もあります。連絡を取りながら作業を進めていきますので、ご理解とご協力をお願い致します。

実例写真

◎タイヤを外して後輪がが送られてきた。

 

対応が必要な車両(下記30台 車両番号)
※2013年3月以降に出荷したものは対応済みです。

12100278 12100246 12100263 12100255
12100291 12100179 12100245 12100288
12100271 12100253 12100188 12100216
12100217 12100190 12100047 12100220
12100174 12100235 12100300 12100233
12100251 12100193 12100219 12100163
12100229 12100214 12101420 12101367 12101587

CLUB BIKETRIAL代表 三嶋
〒621-0254 京都府亀岡市本梅町東加舎三十代12-1Tel&FaX:0771-26-2846 090-4388-6865

コメント 停止中