コグ及びリムバンド交換の状況調査の実施

【コグ及びリムバンド交換状況の報告】
218KamelJをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。【リヤスプロケット(コグ16T)のトラブル】【リムバンドのトラブル】への対応として、対象オーナーには、7月中旬に交換品をお送りさせていただきました。同時にこの間、無料のコグ交換サービスも実施してきました。その結果、交換対象オーナー30名中、13名の対応が終わり、残り17名となっています。

問題の詳細はこちらをご参照下さい。
http://blog.club-biketrial.jp/?page_id=5559

【交換状況の把握へのご協力のお願い】
今回は、その後の交換状況を把握するために、対象オーナーの皆様にメールにて調査を実施しています。対象の車両番号は、下記の通りです。

調査へのご協力をお願いいたします。

対応が必要な車両(車両番号)
※2013年3月以降に出荷したものは対応済みです。

▼コグの交換とリムバンドの交換 対象14名(内1名回答済み)

12100278 12100246 12100263 12100255 12100245
12100271 12100216 12100217 12100047 12100174
12100235 12100300 12100233 12100193

▼コグの交換のみ 対象1名

12100190

▼リムバンド交換のみ 対象2名

12100163  12101587

【ユーザーからの質問と回答】
交換実施の過程でユーザーからきた質問にお答えしています。

▼質問
タイヤとチューブのサイズが合って無いのは何故ですか?

▼回答

使用にはまったく問題ありません。

チューブと言うものは、空気を入れれば膨らみますから、もともとタイヤのサイズに対し、大き目は重くなるのとパンクの原因(あまった部分のビード噛みや磨耗など)にもなるので、競技の世界だけでなく、小さ目を使うのが常識と言えます。

MONTYの純正チューブEXTRALIGHTのパッケージには20×2.50/20×2.70と表示されていますが、中身は20×2.125です。20×2.50-20×2.70用のタイヤに使えますと言う意味です。

218Kamel Jでは、リヤタイヤは初心者向けの丈夫な20×2.70を使い、チューブは20×2.125を使っています。フロントタイヤはハンドリングや安定性のために上級者向け20×2.60イーグルクローを使い、チューブは20×1.95を使っています。

どちらもタイヤの目的や働きにあったチョイスです。

詳しくは記事「タイヤとチューブのお話し」を参照下さい。 >>>>

MONTY JAPAN

調査の内容にかかわらず、疑問などございましたら、お気軽にご連絡下さい。

=====================================================
CLUB BIKETRIAL代表 三嶋  mishima@club-biketrial.jp
〒621-0254 京都府亀岡市本梅町東加舎三十代12-1
Tel&FaX:0771-26-2846 携帯:090-4388-6865

コメント 停止中