MONTY 218KamelJ 2012 Latter Model プロモーション 映像

MONTY 218KamelJ  2012 Latter Model

【タイヤ】
MONTYオリジナルタイヤ MONTY EAGLE CLAW
フロント:2.60 リヤ:2.70
世界チャンピオンの足を支えてきた強度とグリップ力を誇る最高のクオリティ。

【ホイール&リム】
SAMSON ALLOY RIM
Double-wall Rims フロント リア
軽量化と強度を実現する二重のウォール構造。ニップルはアルマイト。

【リアブレーキ】
MONTYオリジナル Vブレーキ

【ペダル】
アルミ製ブロックペダルを装備。シティ~トライモードまで高い機能性。

【駆動系】
MONTY社オリジナルのフロントフリードライブ(FFD)を採用。スプロケットは、前に36T/18T(デュアル)。

【フロントフリードライブ】
フロントフリードライブ(FFD)とは。通常はドリブン側に付くフリーホイールがドライブ側にあります。1982年に世界で初めて MONTY 社がヨーロッパ選手権制覇のために開発し、実践に投入したシステム。これによるメリットは、重い部品を車体の中心に持ってくることで、よりコントロールしやすくなります。また前後のスプロケットを小型化でき、チェーンの長さも短くでき、車体後部の軽量化にもなっています。

【リアスプロケット】16T

【モードの変更】
変速機はないものの、使用目的によりストリートモードとトライモードの2つから選べます。一般道や軽いトレーニングではフロントスプロケットが36T のストリートモード。難易度の高い地形での走行ではフロントスプロケットが18Tでプロテクターも使用できるトライモード。

この36T スプロケットの取り付け方法は、MONTY社のオリジナルアイデア。3本のボルトで18T フリーホイールの真上に重 ねて取り付ける構造なので、チェーンラインが狂わない仕組み。これによりモード変更時のチェーンライン調整は不必要。スムーズに駆動します。

チェーンは通常モード時には延長部分を2 個のジョイントでつないでいます(シティモード用延長チェーンはメッキ加工)。トライモード時に18Tスプロケットを使用する場合、延長部とジョイント1 個を外してチェーンを繋げば、カットする手間なく18T/16T にモード変更できます。通常モードにも簡単に戻せます。モード変更の作業はスプロケットの取り外しや調整を含めて、5~10 分程度で可能です。

【Fブレーキ】
Fブレーキキャリパーは、テクトロ製機械式ディスクブレーキ、ローター直径160mmを採用しています。前年度の初期もモデルよりアップグレード。フロントのディスクブレーキ化によって、制動の性能はもちろんのこと、輪行の際に、前輪を素早く取り外すことができ、セッティングが容易になります。

【フォーク】
フォークが鉄製からアルミに変更になりました。2012 Latter Modelの最も大きな変更箇所です。この部品は軽量化、そして走行性能に大きく響く部分。以前の鉄製フォークは1318g。今回採用になったアルミ製フォークは865g。453gの軽量化。後で軽量化を行なう場合のコストは、通常最低でも100g=1万円の計算。かなりお得です。
 実は、MONTY社の判断でアルミ製が突然の採用となりました。218や219でさえフォークはスチール製(ハイテン)。販売価格が23万円の220でもクロモリ製。実は218KamelJの価格を決め、予約受付開始以降に仕様変更が行なわれたので、オーダーされた方はラッキー。アルミ製フォークの採用は今回のみになるかも知れません(アルミ製フォークの採用は次期220用を想定のためか)ご了承下さい。まさにハイグレードです。

【ステム】
長さ、幅ともに5mmダウサイズ、形状も含めて小型軽量化、ロックナットの部分とハンドル取付のフロントにはMONTYのロゴ。

【ハンドル】
ハンドルはシルバーメッキからレッドに変更。

【シート・シートポスト】
シートは座りごこちを保った軽量化。シートポストはスチール製の500mmを標準装備。シティモードでは不可欠です。トライモードがメインなら、MONTY純正218トライモード用シートセットか、Club BikeTrialオリジナルの2段調節可能専用シートポストの購入がお勧めです。

【フレーム】
世界チャンピオンバイク221Kamelと同じサイズで作られ、重要な3つの要素「軽さ・強度・柔軟性」を絶妙にMIX した高性能フレームでありながら、美しいシルエットを持っています。2007年の世界選手権から登場したKamel フレームは、単なるデザインを狙ったものではなく、サスペンションの無い20インチ車のともすれば硬くなるフレーム構造を、よりソフトにする事で、ライダーの負担を減らす働きと、乗車中は常にストレスを受けるフレームヘッド部分の強度を確保するための形状です。
シルバーを基調としたフレームのカラーリング。デカールも一新。

スペインと日本のコラボで完成した218KamelJ。シンプルで機能的で、安心と安全でありながら究極の走破性を備えたバリヤフリーバイクです。生活の足として、遊びの道具としてあらゆるシーンで活躍します。

コメント 停止中