街乗りモードとトライモードをワンタッチで切り替え可能な2段式シートポスト発売


シートポストは、走行時には高さが必要だが、競技にはできるだけ低い方くて邪魔にならない方がよい。相反する二つの目的を、218KamelJのコンセプト(1 移動手段、2 遊び、3競技、4災害の4つのレベルをクリアするために開発)をさらに高める形で解決したのが、森進太郎氏が開発、作成した2段式シートポストだ。

ツーリング&街乗りモードとトライモードをストレスなくいつでもワンタッチで切り替え可能なこの2段式シートポストは、kameij開発の平野、三嶋にとってもすでに必要不可欠なアイテムとなっている。制作数が少ないのだが、商品化が実現した。

商品名:2段式シートポスト
素材:スチール
価格:¥5,800(税込み)
限定3本


ご購入はこちら>>>

<詳細>
シートポストは、一番短い(低い)時には長さ32cm。この高さだと体の稼働範囲を制限することなくトライモードの走りが可能です。本格的バイクトライアル遊びが、シートを外すことなく楽しめます。

2段シートを発案、制作した森進太郎氏

2段目のポストを伸ばすと最長53cm、ワンタッチでペダルが漕ぎやすい位置にシートを設定できます。大人の方は、街乗り、ツーリングにはこの高さが必要です。つまり2段式シートポストは、マルチに楽しめるKameiJに最適のシートポストと言えます。

また、218kameij2012モデルからは、50cmのロングポストが標準装備となっています(218Kmael J 2012の変更点参照)。2012モデル購入者は、競技用のショートシートを購入するか。コンペの時はシートを外す必要が出てきます。ツーリングトライアルを楽しむなら2段シートポストの購入を検討してもよいと思います。

<資料>
218Kmael J 2012の変更点[シートパイプ参照]
218Kamel J用のMONTY純正バージョンUP部品[シート参照]
これまでのシートポスト情報

Club BikeTrial Mishima

コメント 停止中