アーカイブ : 2019年 3月

KC52の参加申込受付を開始して4日で10名になりました。

KC52の参加申込受付を開始して4日で10名になりました。やっぱり冬とは大違いですね。ちょうど10名。その内容は・・・。

女子:2名…初参加:7名初級クラス:9名40歳以上:2名

女子の割合から言っても20%は当たっていますね。10人中9人が初級クラスって言うのもすごいなあ。その内、初参加が7人。ウーン、これは良いですよ。

しかもその内の3人がTEAM
YRSからのエントリー。YRSのKC参加は初めて。新しい世代が育っていたのですね。

あとは全体で何人まで行くのかが楽しみかな。

KC52&JBC全日本選手権はじまるよ!!

お気楽ツートラ 50

お気楽ツートラ 50

 

朝、集合場所の津ヨットハーバーに行ってびっくり。よく利用した交通公園が堤防の工事のためになくなって、さら地になっていました。

 

今回でお気楽ツートラは第50回目。8年ぶりの開催です。三重県内から10名の参加者が集合しました。受付やパンチカードを配ったりして、準備をすませて10時にスタート。

 

先ずはビーチで第1セクション。柔らかい砂地はバイクを傾けたりするとバランスを崩します。センタリングやグリップのテストになります。第2セクションは小さめのステアでフロントアップ。第3セクションはテトラポットでバランスと肝試し。風が強いし、ちょっと怖めの設定でしたが、まあそれも難しさの一つ。みんなで助け合えば、何とか行けるものです。

その後は岩田川の堤防沿いに上流へ進み、途中で見つけた堤防の斜面を使ってのアップダウンの第4セクション。ペダルこぎのテストにちょうど良かったです。ここから当初は津なぎさまちのビーチに行く予定でしたが、満潮だったので岩は水面下でしょうからやめました。津観音の広場まで1.5kmほどを移動して、常設ステージの階段で第5セクション。階段横から小さな飛び下りをやりました。

 

ここでちょうど2時間経過。ランチタイムになりました。でも人気の鰻屋は第3駐車場までいっぱい。お好み焼き屋のみゆきも、元祖天むす屋も閉まっていて全滅です。あきらめてスパゲッティのサンマルコ(9年ぶり)へ行き、みんなで一緒にランチしました。

 

後半は津城へ移動。お城公園で遊んでみました。今回は、ウイリー、石蹴り、バックなど、、3つの要素を取り入れたスペシャルセクション。同じ公園でもう一つ。第9セクションは飛び石。第10セクションは連続ステア。その後津市役所の後援に移動して第11セクション。ここは大き目のロックがたくさんあり、けっこう本格的なセクションが出来ます。終わったら2時半を回っていました。もう少しやりたがっている子供もいましたが、本日のセクションはここで終了。その場で集計して表彰しました。減点数的にはハンディが上手く行っていると感じました。

 

ヨットハーバーへの2.5kmを帰る途中、津名物の蜂蜜饅頭に寄りハチまん買いました。そこから一気にヨットハーバーまで走り少し汗をかきました。無事に到着して解散。スタートからゴールまで約5時間のライディングでした。久々のお気楽ツートラでしたし、参加者はみな初めてだったので、移動距離は通常(15kmぐらい)の半分ぐらいとしました。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。また遊びましょう!

興味のある方、初めてでも大丈夫ですから次回にいかがですか?最近あまり練習していなかった私は、久々にバイクに乗り、適度な運動で楽しい時間が過ごせました。帰ってから入ったお風呂が最高に気持ちよかったです。

 

以下は今年前半の予定です●4月28日 KC52(全日本Group
B併催) 京都亀岡トライアルランド●5月6日 練習会 津階楽公園無料駐車場●6月2日 お気楽ツートラ51 津ヨットハーバー無料駐車場●6月30日 KC53(全日本Group
A併催) 京都亀岡トライアルランド

 

KC52とKC53は初めての試みで、全日本と併催になりますが、KC自体は全く変らずに、いつもと同じなのでどうぞご心配なく。

全日本の日程に間違い。

全日本の日程に間違いがありました。

第1戦の日程は28日が正しく、29日は間違いです。

 

●2019バイクトライアル全日本選手権カレンダー:

4月28日 全日本選手権グループB部門(15歳まで)KC52と併催

6月30日 全日本選手権グループA部門(16歳以上)KC53と併催

全日本開催のおしらせ!

2019バイクトライアル全日本選手権(BIKETRIAL
JAPAN CHAMPIONSHIP)開催のお知らせ

 

 

●開催目的:

本年度におけるバイクトライアル国内選手権ランキングの決定と、8月にチェコで開催されるBIU第28回世界選手権大会への日本国内選抜の決定を目的に、全日本選手権大会を開催いたします。

昨年はバイクトライアルの運営が神永氏(日本バイクトライアル連合)から、私、平野(=日本バイクトライアルクラブ)に移り変わり1年目でした。全日本選手権大会の開催は当初全2戦で行う予定でいましたが、参加者が競技成立のための人数に達しなかったため、残念ながら中止といたしました。

2年目の今年は、全日本選手権大会を確実に行うために、KCとの併催と致します。また大会の開催負担を減らすために、以下の通りグループBとグループAに分けて2大会で行います。

 

 

●2019バイクトライアル全日本選手権カレンダー:

4月29日 全日本選手権グループB部門(15歳まで)KC52と併催

6月30日 全日本選手権グループA部門(16歳以上)KC53と併催

 

 

●エントリー:

参加申込は、グループB部門はKC52の申込期間に行ってください。グループA部門はKC53の申込期間内に行ってください。KCの実施要綱にある申込フォームの全日本の部分にご記入下さい。締切は大会9日前といたします。参加料金はKCと同じ3,500円です。参加料は振込みのみとなります。ライセンスの発行料金は参加料に含みます。お申込の際に顔写真をメールでお送り下さい。国内・国際ライセンスは大会当日の受付でお渡しいたします。競技結果はKCの各クラスの集計を行った後に、後日、全日本へのエントリーを行った者を抜き出し、全日本の競技結果をサイトで発表いたします。大会の表彰と年間ランキングの表彰は、本年度のKC55(12月15日)開催時に行う予定です。

 

 

●クラス分け:

クラス分けに関しまして、KCと併催で行う場合の特別規則を設けます。これは全日本との併催により、KCのセクションレベル設定が変化しないための処置です。

通常KCのWHITEは3段階(7歳、8歳、9歳)ある内の下に合わせた設定を基本としていますが、これを変えないために、KCとの併催じのみですが、POUSSINはGREENを、BENJAMINはBLUEを、MINIMEはREDを、MAJORはBLUEを、JUNIOR
とSENIORはYELLOWを走行するものと致します。

 

 

●競技規則:2018年度バイクトライアル国内競技規則に準じます。

以下は当日発表させていただきます。

セクション数:

ラップ数:

競技時間: