アーカイブ : 2012年 2月

218Kamel Jの最新情報

DSCF3167.JPG

117 218Kamel Jの最新情報

 

現在、221Kamel Jの到着をお待ちいただいている方へのご案内です。

まだまだ寒い日々が続きますね。この度は218Kamel
Jをご注文いただき、誠にありがとうございます。現在12月からお待ちいただいている方もおり、出来るだけ早くお届けできるように努力しておりますが、思ったように事が進まず、申し訳ないと思っています。今回、以下のように現状をご報告させていただき、ご理解をお願いする次第です。

 

218Kqamel
Jは、昨年の震災がきっかけで開発が進み、5月に試作車のテストを終え、8月から販売を開始しました。製作に当たっては、日本に輸入した競技専用車である218Kamelの完成車を一度分解し、特別に調達した部品を使って、一台一台私が組み立ててきました。これは組み立てのクオリティにおきましては自分の納得の行く方法ではありますが、仕上げは2日で1台がやっと。生産性が悪く、部品交換により使用しない部品が多く出てしまい、無駄が多い状態でした。

 

交換で残ってしまう部品は以下の通り:

ハンドル、ステム、フォーク、前タイヤ、前ホイール、前ブレーキ、前ブレーキケーブル、シートセット、シート固定ボルト、チェーン、左右クランクセット、フリーホイールなど。

 

更に追加する部品は以下の通り:

36T変換スプロケットキット、前クイックリリース、グリップエンドカバー、シートクイック、チェーンアジャスターなど。

 

この状態で昨年暮までは価格を7万円以下に抑えておりました。私に取りまして、218kamel
Jは新たな分野(バリアフリーコンセプト)へのチャレンジ。先ずはモニターとしてご利用いただく意味で2011モデルを生産、販売いたしました。ユーザーの方からの良いご報告には安心し、見つかった改善点は2012年モデルのグレードUPで対応。ただ、部品価格の高騰などで、価格を変更せざるを得なくなり、今は少しでも無駄をなくし、10万円以下の今の価格を出来るだけ長く維持できるようにしたいと思っています。

 

そこで、今年からスペインのMONTY本社のご協力の下、スペインで組み立てる事を計画。これには条件があり、通常まとめて一気に組み上げるには、まとまった台数をオーダーすることが必要となりますが、何とか条件をクリアして、年明けから組み立てを開始する予定でした。ところが、MONTY社では長引く不況の影響で昨年も何回かリストラを行い、今年も1月に組み立て作業員4名を解雇。結果的に組み立て作業を行うには人手不足となり、他の2012モデルの組み立てが優先される中、218Kamel
Jの組立作業は遅れに遅れておりました。2月にスペインのMONTY社に行き、早急に組み立てと出荷をお願いし、了承を得て、4月上旬に入荷の予定でおりました。

 

ところが数日前にスペインから「組み立てを中国で行なう」との連絡がありました。私自身は中国での組み立ては気が進まないのですが、ジェネラルマネージャーは3月上旬に中国に飛び、自ら作業を指示して進めるとの事。MONTYは2年前にバイクトライアルモデルの中国生産を完全に中止しており、今回も組み立ては中国で行ないますが、部品はスペインや台湾、その他の国で生産したものを送っての組み立てとなります。マニュアルを徹底し、作業状況をこちらでチェックできるようにする事や、各部の組み付けの詳細を写真で報告いただく事で対応すると約束してくれました。

それでやむなく了承しました。中国なら距離は近いので日本への輸入も早い(スペインからですと1ヶ月半ぐらい必要)メリットもあります。現在、当初の予定通りに4月上旬には入荷するように進めております。

 

進展があればご連絡させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

MONTY
JAPAN代表
平野 博

KDRT, KC18参戦報告

116 KDRT, KAMEOKA
CUP18 参戦報告

clip_image002_4.jpg

初優勝のミナミヤマ カズキさん(KDRT)。

 

KCでおなじみのチーム「KDRT」。今回のKC18には9名のチーム員が参加してくれました。本日、三谷さんから、参戦報告が来ましたのでお送りします。

 

 

kameoka CUP18 参戦報告日時:2012年2月26日会場:亀岡トライアルランド天候:雪気温:2度週総台数:44人(エントリー47台)K・D・R・T参戦メンバーもりりゅうきたけだよひとたにぐちゆうきかわむらやまとみなみやまかずきみなみやまよしきたけだりんとささおかちかなささおかじゅいち雪の中の寒い大会だったみたいですが無事大会が終了できたみたいでよかった〜〜。私は、中部トライアル開幕戦のため欠場でしたが、メンバーみんながんばってたみたいでなによりですね〜!(^^)!今回は少しエントリー台数が少なく若干さみしい!盛り上がっている大会だけに心配ですが、雪とインフルエンザのせいではないかと思いますね。BLUEクラスで、もりりゅうきくんが3位に入っています!このクラスは大人も子供もフリーエントリーですのですごいことなのです!(^^)!写真が送られてきてびっくりしていました。もうひとつは、みなみやまかずきくん初優勝!!おめでとう!!チーム賞でも!KDRT2位!!おめでとうMITANImotorsportsSUZUKA

 

 

 

 

今回で18回を終えたKC。KCのグループクラスで常勝だったKDRTは今回2位でした。実は、KCでグループ賞がスタートしたのはKC10からで、今回で9回目。その内、KDRTは1回目のKC10からKC15まで連続6回優勝。ところが昨年のS&A最終戦、KC16で初めて2位となって以来、今回まで3大会連続2位。

KDRTに代わり、KC16から3連続優勝を果たしたのは「モリトライアル」。モリトライアルは、KC10の時から見ると、5位、10位、9位、8位、4位、2位、1位、1位、1位と確実に順位を上げて来ました。このまま行くとW&Sシリーズのチャンピオンも初めてモリトライアルへと移る可能性大。まあ良いライバルが出てきた事は、KDRTに取っても悪くないと思います。がんばってくださいね。

 
HIRANO

BikeTrialカフェはスープもパンも完売御礼

ビーフシチュー+パンセットを一番最初に注文したタケダ リントくん。「これだけでお腹いっぱい。お肉美味しい」と嬉しいコメント。

亀岡トライアルランドおパン研究家、森二三子さんが作る酒粕酵母を使ったハード系の手作りパンが大好評。チーズのような風味ともっちりとした食感。コーヒーのコスタリカは、ジャスミン、ライチなどいろいろなフルーツを思わすさわやかな風味で女性に人気でした。

リタケダくんのお母さんも味見・・・、それ僕の!こんな風景が楽しい。
BikeTrialカフェは前回を上回る大盛況。能勢黒牛のビーフシチュー、亀岡産たっぷり野菜のミネストローネ、森二三子さんのパンが完売となりました。KC18に参加のみなさん、ご利用ありがとうございました。

上手く対応できずかなりお待たせしてばかりでした。寒い中でお待たせした皆さんごめんなさい。怒ることなく逆に暖かい言葉をいただき感謝しております。

また、亀岡トライアルランドの、森智子さん、森二三子さんの協力でカフェのサービスを一つ前に進めることができました。ありがとうございました。お疲れ様でした。

続きを読む

KAMEOKACUP18終了!

115 KAMEOKACUP KC18終了!

当たり前のように作業をこなして行けるのは、見えないけれど、しっかりした運営体勢のバックボーンがあっての事。それぞれの部分で良き理解者や協力 者がいることを今更ながらに感じます。1年で最もイベント運営に厳しい次期、雪も降ったとても寒い一日でしたが、おかげさまで、KC18は無事に終了する 事が出来ました。

ご協力いただきました皆さん、KC18にご参加いただきました皆さん、どうもありがとうございました。

第18回 バイクトライアルKAMEOKA CUP (KC18)
2012ウインター&スプリング シリーズ第2戦・新春大会
2012年2月26日/亀岡トライアルランド
★結果表PDFはこちらからダウンロードできます。
★「2012ウインター&スプリング シリーズ」ここまでの結果はこちらからダウンロードできます。

大会表彰の模様は下記

続きを読む

ガッチスクール

clip_image002_2.jpg

115 ガッチスクール 2012/2/21

「2012GATTI TRIAL SCHOOL 1回目無事終了しました。」とのご報告を三谷さんからお送り頂きました。詳細は以下の通り。会場:四日市市 グリーンパーク岡山日時:2012.02.19天候:晴れのち曇り受講者:20名講師陣 小川友幸 斎藤晶夫 村田慎示 田中裕大 三谷知明 南山敏宏 川村道徳今年も無事GATTIスクール開催スタートしました。朝はめっちゃ寒い日でしたが、日中は穏やかなあたたかい日になりすごしやすくも絶好のスクール日和でしたね!今回は、初めて受けていただいた方が4名!その内女性ライダーが1人!いいですね〜女性も楽しめるモータスポーツとして普及していきたいですね。4名の皆さんオートバイライダーでしたのでのみ込みも早くめきめき上達されていました。KIDSの自転車トライアルも4名が受講、オートバイでは1人受講でした。今回もセクションをつくって「くやしい」「気持ちいい」思いをしていただきました〜(笑)常連の皆様には本当に感謝です、10年もの間このスクールを支えてきてくれています。これからもトライアルの輪を広げられるよう続けていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。MITANImotorsportsSUZUKA

 

三谷さん、レポートありがとうございます。

ガッチと言えば、元トリアルシン・ミニメクラスの世界チャンピオン!(トリアルシンはバイクトライアルの前の時代・22年前)その後トライアルに転向。HONDAに乗り、全日本チャンピオンを2度獲得。日本を代表する素晴らしい選手。昨年はKCに親子で参加してくれました。

昨年の12月、私は愛車Beta
TR34で、初めてガッチスクールを受けさせていただきました。そのレポートはサイトでもご紹介させていただいたと思います。とても良い体験でした。あのスクールが今年1月のミニミニトライアル・スズカサーキット大会での表彰台に繋がりました。

最近忙しいので、ついうっかりしてガッチスクールの事、忘れてました。それで行かずに1回目が終わってしまいました・・・残念。

そうです。実はオートバイのスクールイベントでもバイクトライアルを行ってくれていたのでした。三谷さんのトライアルとバイクトライアルを一緒に行う姿勢、とても良いですね。

このclubbiketrialのサイトのイベント日程にトライアルの日程は入れていませんでしたが、初心者がバイクトライアルを体験で出来る場としてご利用いただけるなら、ガッチスクールの日程を調べて(三谷さん、ガッチスクールの日程教えてね)、次の機会には加えたいと思います。
HIRANO