アーカイブ : 2011年 8月

KC16へスタート!

031 KC16へスタート!
31/08/2011

KC15が終わって10日。資材を片付けたり、再び亀岡に行ったりと色々ありました
が、やっと平常に戻り次の準備を始めました。KC15に関しては、実施したアン
ケートの回答、参加者、関係者、見学者、亀岡トライアルランドの森さんなど
色々な方々からご意見や感想などをお聞きし、次回のKC16につなげ、更に良くし
ていけるイメージが出来てきました。今年最後のイベントとなるKC16は10月30日
開催。お楽しみに。

親子でご参加いただいた福岡のHさんからレポートを頂きました。すごく良いレ
ポートなので公開させていただきます。

●平野様
KC15 NEWSとリザルトありがとうございました。Hです。(長文で失礼ですが)今
回のカメオカップは、OT PIが来るので、万難を排してエントリーしなくてはと
おもい、願いが叶って幸いでした。何しろ亀岡トライアルランドへも始めての地
で、地図音痴のH親子はフェリーで神戸上陸し、迷うこと5回でなんと4時間以上
かかって辿り着きました。着いたとたん、オットに声かけられまさに感動、覚え
ていてくれたことに密かに感激、そして息子に自慢。一日目のスクールを見学す
るも雨のためビデオが回せず、心の中に記憶させました。その日は、覚悟のキャ
ンプで予想以上の雨、こんな雨の中のキャンプは20年ぶり、ノウハウはあったも
のの夜中に何度も起きて点検で熟睡ができない状態でした。息子はすやすやと寝
ていたのがうらやましかった。
大会は、私は怖じけてホワイト(三嶋さんとの勝負もあるし・・)、息子はグ
リーンでした。リアタイヤを直前に新品のためか、息子が最初いきなりクリーン
を出したので、いけるかとおもいきや、1台二人では時間が足りないことに、途
中で気付き大慌て、とにかく回れ回れとお互いせき立て、息子はくたくたになり
ながら、5点の連発、陸上部で鍛えているから・・・とはいいつつかなり息切れ
状態でフィニッシュ。わたしは、ホワイトなので短時間15秒/sect.でまとめ、表
彰台に乗らない最高の順位?にまずは満足でした。
ライダースミーティングや表彰式の最中にオットピにやたら60、60と引っ張りだ
されまして、なんか恥ずかしいというか光栄というか不思議な気分でした。きっ
とヨーロッパではカメオカップのような大会がなく、あっても60才のエントリー
は殆どないのでしょうね。 しかも、賞品まで分けてもらえるなんて、なんと光
栄でしょう。これで60過ぎても止められなくなりましたね。ダニエルもできない
わたしが、バイクトライアルを楽しく回っていると、周りからは冷ややかにみら
れますが、こういう例も底辺を広げるひとつのヒントにでもなれば幸いと思って
頑張って乗っています。とにかく、こんなたのしいスポーツはない、というのが
本根です。私は50、55、60の節目に目標たててダニエルにチャレンジしました
が、とうとう物にならずでした(ジラールと平野さんが多摩テックでの公開練習
デモを見てBTRを始めた歴を持つ私ですが・・うーむ)。わたしの周りに、初め
て数カ月もしないのにダニエっている人が、いつの間にか止めてしまった、とい
う例が何人かいます。じつに勿体無いとおもうのですが、もっと楽しんで乗って
もらいたかったとおもっています。KCのような大会があれば良かったのかなとも
おもいます。また、プッシュバイクというのを生でみて感動しました。3才の子
がコースを蹴って走るのは驚きました。元々バイクはミショー型が出るまでは
プッシュバイクだったわけですから、まさに原点を見たという斬新さもありまし
た。ぜひつづけていただきたいとおもいます。福岡へは高速で約9時間で着2時間
寝てから出社し何ごともなかったかのように仕事に着きました。月〜金まで福岡
は梅雨みたいに雨の毎日、テントとタープを家の中に張り?、ありったけの扇風
機で24時間乾燥でした。でもゴザ一枚カビりました。やっと日曜に快晴、昨日の
月曜は有休をとって、テントなどキャンプ道具を一斉に片付けました。というわ
けでやっと落ち着いたところです。年に2回以上エントリーできれば理想的です
が、距離の関係から、今度は来年でしょうね、今度は、うちのチームの64才の人
を連れていきます。(モンティの20in油圧に乗ってます)

●Hさま
遠方からのご参加、ありがとうございました。岐阜でのWBC開催が終了してから
はご無沙汰でしたが、これまでに色々とご理解とご支援を頂いているHさんご一
家に、移動は大変だったと思いますが、ついに亀岡にお越しいただいて、現在最
も開催に力を入れているKCに親子でご参加いただけたことは、色んな意味で本当
に良かったです。今回のオット・ピさんの参加の効果は非常に大きかったです。
特に子供たちにとって、良い影響を残していってくれたと思います。
KCのクラス分けは日本のバイクトライアルイベントの中でも最も多く、子供と大
人を分けているので、どのクラスで何回表彰台にあがっても、だれもクレームを
付けないと思いますよ。だから次回は堂々と表彰台を狙ってください。Hさんに
挑んだ三嶋さんは転倒。返り討ちでしたね。ライバルと呼ぶにはまだ遠いです。
KCは順位での表彰は3位までにカップをお渡ししていますが、あくまでも名誉を
たたえる意味でそれだけです。景品あくまでもくじ引きシステム。全員に景品は
渡りますが内容は運次第です。選手権ではないですし、同じ顔ぶれに賞品が行く
のはKC開催の主旨として合わないと思っています。参加者全員に何か一つ好きな
ものを記念に持って帰ってほしいです。それをご理解いただける方たちにご参加
いただければ良いと思っています。
世界初のPUSHBIKEクラスはKCには無くてはならないクラスになりました。スペイ
ンでもKCを模範に9月にはスペイン初のイベントがバルセロナのモルトレルで開
催される予定です。8月上旬、帰国前にその主催者とミーティングし、会場も確
認しました。開催が成功し、広がって行く事を願っています。九州でもイベント
が行われると良いですね。
64歳ですか?これまでに59歳、60歳とご参加いただきましたが、実現したら最年
長記録を確実に更新ですね。KCの最年少記録は2歳ですが、最年長記録も同じよ
うに大切。それは幼児から熟年まで一緒にバイクトライアルを楽しめる証。記録
更新を楽しみにしています。
イベントの件で2つ。一つは今年の5月に仙台で開催した「イージーKC」。参加者
からの評判がとても良かったイベント。また東北にも行きたいと思っています
が、今のところは予定がありません。そちらでもご希望があり、20人低度集まる
ようなら開催可能です。参加者にとっても主催者にとってもイージーな大会で
す。
もう一つは会場でお話した身障者のためのバイクトライアルの件、機会があれば
宜しくお願いいたします。必要ならそちらに出向き、実験的スクールを行っても
良いかなと思っています。実現すれば、本当の意味でトライアルが広がって、よ
り多くの方々に役立つようになると思います。今後もバイクトライアルで楽しみ
ましょう!宜しくお願いいたします。

オット・ピさんの218Kamel JでのBLUEクラス完全優勝は、私と三嶋さんへの最高
のプレゼント。トライモードでのポテンシャルがBIKETRIAL用モデルとして充分
に高い事。このモデルがスタンダードでもNO COLORクラスからBLUEクラスまで、
KCで遊ぶのに何ら問題ない事を証明してくれました。

お詫びとお知らせ:
サイトにある218Kmael Jの写真は、私の試作車。色んな部品を試しに取り付けて
います。このことは以前にもニュースに書いと思います。撮影したのは5月上旬
の東京。その時点ではすでに一般向け販売車のテストを終えており、ハイエンド
向けの部品を試していた頃で、外見では分かりにくいですが、色んな部分が市販
車とは異なっています。218Kamel Jの価格は良い部品を使い価格を可能な限り押
さえるために、社外品で調達するスタンドやライト類は付属いたしません。ご了
承ください。ご自分でお好みのものを探すのが良いと思いますが、めんどうなら
ご注文の際にお知らせください。(後からでももちろんOKです)スタンドは1800
円ぐらいです。ヘッドとテールライトはセットで900円ぐらいです。社外品なの
で確実に入手できるかは不明ですが、オプションとして可能ならご用意させてい
ただきます。
グレードUPする際は写真を参考にしてください。ユーザーの方で、写真のように
改造をご希望の場合にはお問い合わせください。アドバイスさせていただきま
す。宜しくお願いいたします。

HIRANO

赤木さんメールありがとうございます。

030 赤木さんメールありがとうございます
30/08/2011


本日、ニュースに少し書いた「熟年サイクリスト」のお話し。実はたまたま立ち
寄った亀岡の喫茶店?「プルーンの木」でお会いした赤木さんとそのご友人2人
のことだったのですが、何と本日メールいただきました。
赤木さんは余裕で趣味を楽しまれている感じ。ご友人のお2人(何とお一人はリ
カンベントでアップダウンの道を走ってしまう超タフなお方)も楽しいキャラク
ター。楽しそうで、とてもうらやましお仲間でした。私と三嶋さんは「亀岡・里
山トレッキング(仮名)」のテスト中で、私は初めて三嶋さんにお店に連れて
行ってもらったのでした。
木陰のテーブルで色んなお話しをしましたが、神戸の震災のお話や、ロシアの原
発関連のニュースはためになりました。私も8月上旬にスペインのTVでニュース
を見ましたが、その映像は日本では放送されていないようでした。だから同感です。

先日、夜のテレ朝のニュース番組をみていたのですが、終了間際に大阪大学の教
授の原発に関するコメントがいきなりスタート。最初は謝っているのかなと思っ
たら、「原発は必要」を連呼して、番組キャスターのコメントもなくそのまま終了。反対意見もな
かったし・・・今の何だったのだろうと思いました。まだ事態は終息していない
のに、誰に向けた何のための放送なのかな?これって単なるプロパガンダじゃな
いのかな?でもなぜテレ朝がそれをニュース番組で流すのかな?メディアとして
本当にこれで正しいのかな?私にはこの放送の意味が本当に理解できませんでした。

何はともあれ、私としては、今は好きな自転車に乗って気持ちの良い汗を流せる
当たり前のことに幸せを感じます。外で遊べない被災地の子供達や職場や生活の
場をなくされた方々を、一刻も早く、本当に一刻も早く、救済してほしいです。
新しい首相(野田氏に決まったようですが、勝因は小沢への反発65%って
何?)、国家レベルでないと出来ないことを粛々と実行してほしいですね。責任
重大ですよ。

私たちに出来ることはそう多くは無いかもしれないですが、普通にがんばること
かなと思います。あとは出来ることをやるだけですね。

218Kamel Jは私や三嶋さんの答えの一つ。どこかで誰かの役に立つよう
にメッセージを送り続けます。

●ご報告1:
218Kmael Jをご購入いただいた栃木のAさんから、「届いた時にヘッドパーツが
破損していた」とのご報告があり、交換の即お送りし、「修理完了」のご連絡を
いただきました。良かったです。

●ご報告2:
皆様、とくにユーザーの方から頂いた218Kamel Jに関する技術的な質問などにつ
いては、時期を見て取り上げて行きたいと思います。多分、ユーザー向けの情報
コーナーで扱っていくと思います。宜しく。

今後の予定

029 今後の予定
29/08/2011

先週は天候が不安定で、カラッと一日中晴れた日が無くて後片付けが大変でし
た。資材にカビがはえるし、車から荷物を降ろし終わったのは土曜日でした。

京都の亀岡で三嶋さんとミーティングのため京都へ。今後予定しているイベント
の日程などを確認しました。
以下は今後の予定です。

●9月の予定
東京で218Kamel Jの発表会開催を検討中。話しが決まったらお知らせしたいと思
います。

●10月の予定
BJU全日本でのブース出展は現在検討中。北陸の2 daysも今年は参加をまだ検討
中。218Kamel Jのプロモーションと結び付けられるかがポイントだと思います。
10月29日にKBU総会を亀岡で開催の予定。関西バイクトライアル連盟役員や関西
地区の主催者が集まり、来年度の予定を検討します。(森さん、宜しく)
10月30日にKC16 SUMMER & AUTUMN SERIES ROUND 3/FINALを亀岡で開催の予定。
今年最後のKC。ランキングの表彰も行います。もう直ぐ準備をスタート。これま
での中で最高のイベントにしたいです。

●11月の予定
第二回関西選手権開催の予定あり。KBUでの話し合いが必要。実質的にはKBU代表
格である神永さんと、今後具体的な話を進めると思います。
一般向けに「亀岡・里山トレッキング(仮名)」を行う予定あり。日曜の午後に
そのための試走を行いました。ジリジリと照りつける日差しの中、農道などを
通ってポイントに到着。昼食を食べに入った喫茶店では、ツーリングを楽しんで
いる熟年のサイクリストの方々と出会いました。楽しい会話で盛り上がり、
218kamel Jにもご試乗いただきました。詳しいことが決まったらお知らせいたし
ます。

●2012年1月の予定
1月29日にKC17を開催いたします。

●2月の予定
2月26日にKC18を開催いたします。

●3月の予定
3月26日にKC19を開催いたします。

HIRANO

KC終了後

028 KC終了後
24/08/2011

KCが終わって後片付けを早く終わらせたいところですが、今週は天候が不安定
で雨が降ったり止んだり。まだ車から全部の資材を降ろせずにいます。カラット
一日晴れてくれたら良いのですが・・・

●平野様
こんばんは、OT PIスクールのレポートをブログにアップしました。
こちらを参照下さい。森トラBLOGへ
亀岡トライアルランド 森進太郎

KC15の参加者のお父さんから感想のメールを頂きました。

●平野様
kc15の開催お疲れ様でした。とにかく「素晴らしい」の一言でした。ゆうきも何
度も何度も「楽しかった」しか言いませんでした。6月に骨折した時はかなり落
ち込んでいました。今回はちゃんと走れるか心配でしたが、意外と走れました。
それにしてもオットさんの走りは素晴らしかったです。集中力、落ち着き、技の
正確さ、バランス、ラインの正確さ、チャンピオンのオーラを感じました。その
影響力はすごく、大会終了後、体力は完全に切れているのに何時までも練習して
おりました。自転車に又楽しく乗れるようになって本当に幸せです。有難う御座
いました。

●Tさま
参加とご感想ありがとうございます。私はヨーロッパ遠征の疲れがまだ少し残っ
ていましたが、すでにKCの主催は安定期に入ったようで、雨でも問題なく終え
ることが出来ました。皆さんにオット・ピを見せ、世界の本物を知っていただく
ことが、何よりも大切だと思っていました。単に少し上手だとか、ただ黙々と練
習すればよいのではなく、目標となる人がいることや模範を示す人がいること
が、次の世代の成長に一番大切だと思っています。協力してくれたオットに感謝
です。オットとは昨夜電話で話しましたが、日本での経験は自分自身にとっても
良かったと言っていました。ゆうきくん、楽しく走れて良かったですね。それが
一番だと思います。
今後はBJUのサイトではなく、218Kamel Jのサイトに情報を送りますので良
かったらチェックしてください。
HIRANO

ケガからの復帰、おめでとうございます。そしてまた楽しんでバイクに乗れるよ
うになって良かったですね。少しお休みしたのが良かったかも知れません。少し
離れて見えることもたくさんあると思います。次回も宜しくお願いいたします。

バイクトライアルチャイナの会長ジェイソンさんからメール。

●Dear Hiro
How about the KC? If any news please send.
Best Regards
Jason

海外の方がKCに興味を持ってくれるなんて嬉しいです。・・・なので昨日KCの
ニュースを海外40カ国以上に送りました。そうしたらバイクトライアルヨーロッ
パの会長、ムシルさんからコメントが来ました。以下はそのメールと私の返事で
す。

●Hello Hiro,
It is good to hear from you again about the Kameoka cup we talked around
in Spain a few weeks ago. I have just enjoyed your photos and it is a
right way how to promote our sport and increase number of young riders.
We would like to create also a European model. Do you want to prepare a
short manual for us?
All the best!
Libor

●Dear Libor,
Thanks for your comment. It is nice to know that you are now thinking to
use some KC system for the events in Europe. Now I put all my
experiences and energy in it for my sport promotion. I hope it also
helps your promotion. I already made the manual of organize KC but only
written in Japanese. The problem is need translation a lot. Any way I
will send you the documents first and I will send you the English
version later when I finished the translation.
Sincerely yours,
Hiro

KCの運営には私の40年間のトライアル+バイクトライアルの経験やアイデアが
いっぱい詰まっています。それらがヨーロッパでも活かされ、イベントを楽しん
でくれる人が増えれば本当に嬉しいです。KCのコンセプトが少しずつ世界中に
広がっていくかも。同じく、KCのシンボルバイク、218Kamel Jも少しずつ広
がっていくと良いな・・・ このバイクはある意味究極のバイク。これから始ま
り、これで終わるような・・・ オーダーを頂いた方に選んで良かったと感じて
いただけるように、これからも少しずつ改良していきます。

さて、昨日はこのサイトを管理しているクラブ・バイクトライアルの三嶋さんか
らの指示で一般の方にバイクを発送しました。作業はKCがあったので後回しに
なっていました。今日も一台組み立てる予定です。これ以降は部品の入荷を待つ
必要があり製作は一時中止。部品はすでにバルセロナ港を出たと思いますが、今
どの辺なのかは不明。再開は9月後半になると思います。

★218Kamel Jのユーザーの方へお知らせ:
(1)シートポストについて
(2)ステムスペーサーについて
218Kamel JユーザーNEWSをご参照下さい。(トップメニューに追加)

HIRANO

オット・ピ来日で盛り上がったKC15!

image001_7.jpg image002_7.jpg image003_5.jpg image004_4.jpg image005_3.jpg image006_3.jpg image007_2.jpg image008_2.jpg image009_2.jpg image010_2.jpg image011_2.jpg image012_2.jpg

027 オット・ピ来日で盛り上がったKC15!
23/08/2011

ヨーロッパ旅行の疲れがやっと取れた頃、予定していた京都の亀岡でのイベン
ト、KC15の日がやってきました。通常は土曜に会場入りするのですが、今回は土
曜日にオット・ピ・スクールがあるので、一日早い金曜からの会場入りとなりま
した。セクション設営は翌日土曜の午前中までに仕上げれば良かったのですが、
亀岡トライアルランドの森さんの準備が行き届いていたのと、ボランティアス
タッフの下原さんにご協力いただき、3人で夕方までに90%以上を仕上げる余裕
の進行具合でした。

土曜のオット・ピ・スクールはCLUB BIKETRIALの三嶋さんの主催で午後から開
始。終了が予定よりも1時間15分遅くなり、日没になってしまいましたが、ケガ
人も無く無事に終了できました。オットの熱心な指導のおかげで参加者は楽しみ
ながらチャレンジ。満足度の高いスクールになりました。

写真:参加者にステアの上がり方を説明するオット・ピ。

写真:多くの方がオットから直接指導を受けることが出来ました。

写真:スクールの後はサイン会。

スクールが終わると亀岡トライアルランドの森さんご一家が準備してくれた食事
会。ごく親しい方たちが集まって、イタリアンシェフによる本格イタリア料理を
頂きました。私の大好きなガスパチョ(夏向けの冷たいスープ)を日本で頂いた
のは初めて。そしてメインのスペアリブのおいしかったこと。翌日のイベントの
ために精を付けました。

写真:イタリア料理を楽しむオット。

日曜の朝、すべてのセクションを仕上げ終えた頃、かなり激しい雨となり、幼児
から熟年の参加者も多くいるイベントなので、さすがに中止を考えました。しか
し受付開始時間の頃になると小雨になったので、これなら開催可能と判断。実施
することにしました。アウトドアイベントですから天候は仕方ないにしても、楽
しむには程遠い条件・・・と心配しましたが、以外や以外、子供たちは沢の水没
セクションに大はしゃぎ。泣く子もいなければ、愚痴を言う大人も一人もいず
に、競技が終わっても続けて練習を楽しむ姿にオットも驚いていました。

写真:水量を増した沢にトライする子供。どうせ雨で濡れているし夏だから気持
ち良いかも。

写真:転んで濡れても楽しそうなのがKCの良いところ。

写真:プッシュバイクに参加した3才と4才の幼児も楽しみました。

さて、競技の方ですが、オットは218Kamel JでBLUEに参加。結果はオールクリー
ン。オットだから・・・という人もいるかも知れませんが、引退後は5年間コン
ペから遠ざかっていましたし、218Kamel Jに乗るのも初めて。加えてオットがス
ペインから持ってきた218Kamel Jはまったくの新車で下ろしたてのホヤホヤ。
(7月にバルセロナのオリンピックミュージアムでの発表会で私が使ったもの)
ケーブル式のブレーキは当りもついていない常態。しかも天候は雨。だからかな
り慎重なライディングになっていました。最初は自分でもまともに走れるか分か
らなかったよう。事情を知っている私は「特別参加とは言っても、無理しないで
楽しんでください」とオットに伝えてあったのですが、少しずつセクションをこ
なして行くうちに、久々にコンペの感覚がよみがえってきたようで、徐々に楽し
くなってきたと言っていました。最後の第7セクションではたくさんのギャラ
リーが見守る中、トライを開始したオットの背中には、すでにエリートを制した
頃のオーラが漂っていました。タイムオーバーが迫り、残り1秒も無いギリギリ
でセクションを走りぬけてクリーン!今回のBLUEでただ一人のオールクリーン達
成でした。KCのBLUEをオールクリーンした人は黒山さんや小川さんなど何人かい
ますが、40歳を過ぎての達成はオットのみ。走り終わってからのギャラリーへの
挨拶は、本当に嬉しい気持ちが全身からあふれていました。大会後にレストラン
で一緒に最後の食事をした際に、オットは「KCは最も進化したイベント。
218Kamel Jは価値あるバイクだと思う」と言ってくれました。バイクトライアル
の創始者を父に持ち、218Kamelを作ったMONTYの彼から頂いたその言葉に、
218Kamel Jの考案者として最高の理解者を得たと思いました。
MJとしてはハイスペックな世界最高の競技専用車を販売する一方、価値(普段や
運動など好きに使え、丈夫で安全性の高いことかな・・・)のあるバリアフリー
バイクを大切にしていきたいと思います。

218Kamel Jでのツーリングレポートはこのサイトでも発表し、「ストリートモー
ドで普通に使えるバイク」というのはお伝えしましたが、「トライモードで実際
に競技に使えるバイク」と言うのはテストではセクションを走行してはいても、
実戦データはありませんでした。元々は競技専用車がベースのために、問題ない
のは分かっていましたが、オットが218Kamel JでKCの最上級クラスに参加して
優勝したことにより、やっと「NO COLORからBLUEまでKCを楽しめるポテンシャ
ルを備えたバイクでもある」というのが実証されました。

写真:水を物ともせずに進むオット。

写真:ステアを飛び上がるオット。

写真:大勢のキャラリーが見守る中、最終セクションをクリーンしたオット。

亀岡トライアルランドの森さんからメール。

●おつかれさまでした、とりあえず写真をアップしたので取り急ぎ送ります。

at=directlink>

https://picasaweb.google.com/moritlial/NewAlbum1108211827?authuser=0&fea

t=directlink

群馬から参加してくれた川島さんからメール。

●昨日の大会は、大変お世話になりました。今まで経験したことのない大会に初
出場して緊張しっぱなしでしたが、何十年ぶりかに、すごく楽しかったです。あ
りがとうございました。トライアルの神様オットさんとも会えるなんてすごい出
来事です。トライアルをまた始めてから仕事にもやる気が出ました。来年また亀
岡カップに参加したいです。関東でも何かイベントがあればいいのですが?

写真:BLUEクラスの表彰台。

写真:参加者皆で記念撮影。

アダルトの正しい遊び方ですね。生活が楽しくなるような、やる気が出るよう
な、そんなバイクトライルが良いですね。また亀岡に来てくださいね。今度は一
緒に地元の温泉にでも行きましょう。次回のKC16 サマー&オータム最終戦
は10月30日。まだ参加したことの無い皆さん。一度体験してみませんか?
218kamel Jをご購入された方。大歓迎ですよ!

HIRANO