アーカイブ : 2000年 1月

思いつきツーリング

image001.jpg

050 思いつきツーリング2
25/09/2011

本日はガッチ(小川友幸選手:バイクトライアル元ミニメ世界チャンピオン。国
際スーパーA級全日本チャンピオン。チームミタニ所属)のスクールが四日市の
岡山トライアルパークで開催されたので行ってきました。

前日の夜、車にバイクとオートバイを積んで行こうか、それともオートバイに
乗って行こうか、またはバイクに乗って行こうか、この3つの選択肢にちょっと
迷っていました。結論を出さずに寝て、翌朝6時に起床。218Kamel Jに乗りたい
気分だったので会場までバイクで行くのは初めてですが、チャレンジすることに
決めました。出発の準備開始のために外に出たら雨がポツポツと・・・。でも躊
躇なく工具類や輪行袋をディパックに詰めていざ出発。津駅に着いたら自転車を
バラして袋に入れました。7時過ぎの急行の乗りいざ四日市へ出発。

津からですと四日市は名古屋に行くちょうど真ん中あたり。名古屋まで100kmぐ
らいなので50kmぐらいかな。所要時間は30分ぐらい。急行電車は江戸橋、白子、
伊勢若松、塩浜、そして四日市で止まります。休日の早朝なので空いていまし
た。四日市駅に降りるのは20年振りぐらい。前回訪れた時は駅の近く(地場産三
重)で行われたイベントでデモを行った時でした。イルカのコンサートやドク
ター中松さんの後援も同時に行われました。周辺は更に整理されてきれいになっ
ていました。改札を出て駅ビルの横でバイクを組み立てました。5分ほどで組み
あがり、四日市駅を後にして会場のある菰野方面へ向かいます。駅周辺の歩道が
すごく幅広いので走りやすい。
途中コンビニでパンと飲み物を買い朝食。地図も持たずに来たので適当に見当つ
けて感だけで進んで行きます。途中何度か雨が・・・ どうせ雨が降れば濡れる
だけとカッパも持たずに来ましたが、山の天候は変わりやすいのでやっぱり少し
は心配。かなり走ったところで東名阪道の四日市インターチェンジを発見。そこ
からは良く知っている道。一安心です。徐々に気温が上がってきたので上に着て
いたパーカーを脱いでディパックに入れました。重さ3.5kgほどですが、できれ
ばもう少し軽量化しないとロングライドでは影響しますね。駅から1時間ほど
走って会場入り口に到着しました。

入り口の坂を上って会場の中に行くとすでに皆さんが集まっていました。バイク
トライアルは練習会。オートバイはレベルで3グループに分けてスクールが始ま
りました。2時間ほど見学。昼食時間前に会場を離れました。ここはまだ折り返
し地点。帰りはRタイヤの空気圧を0.7BARから1.5BARへと変更。これで転がり
も良くなります。昼食は四日市駅前で取ろうと駅を目指しましたが、同じ道では
面白くないので来たときとは別の道を走ってみました。見事に近道発見。ナビに
頼って鈍ってしまった方向感覚が磨かれて行きます。何と行きよりも30分も早く
四日市駅に到着。ここから再び輪行して津に帰るか、218Kamel Jに乗って帰るか
迷いました。足はすでに20kmほど走っているので疲れ気味。おまけに左ふくらは
ぎのケガはまだ完治していないので痛い。うーん、でも、もっと走りたい。結局
何とかなるだろうと走ることに決定。その前に腹ごしらえ。駅前の商店街をしば
らく巡ってインド料理のお店を発見。レストランエベレスト。何かおいしそうな
感じ。入ってみました。中国人みたいなウエイターが現れました。中華?ちょっ
と心配に・・・ 800円のランチを注文。ナンが大きい。野菜カレーはおいし
かったのですが量が多すぎて腹いっぱいで動けない・・・ 
カレーを完食してから駅前商店街を出て国道に出たら驚き!何と向かい風。それ
もかなりきつい。ドロップハンドルのバイクは前からの風に対して空気抵抗が小
さいですが、オフロード車のポジションは体の正面に風を受けやすいので向かい
風はきついです。以前たった1キロメートルほど進むのに向かい風のせいで30分
以上もかかった記憶がよみがえります。こんな状態で津まで走れるのか?本当に
不安になりました。だめだったら途中から輪行すれば良いか・・・と考えれば少
し気分は楽になります。ゴールの津駅までいったい何時間かかるのか予想できな
いままスタート。

予想に反して順調に走行。1時間で鈴鹿市役所に到着。そして更に次の1時間で津
に入り間ました。相変わらず向かい風はきついです。特に周りが田んぼでさえぎ
るものがないと風がもろに体に当たります。おまけに太陽が顔を出して気温が上
昇。ついに駅まで15kmほどのところで足が痛くなりました。もうダメかも・・・
 家に電話して「今ドンキの近くに来たのだけど、買い物の用事はない?」と迎
えに来てくれ電話を入れました。でも「ないよ」との返事。全身マッサージ2850
円の看板や極楽湯の看板。癒されたい誘惑を振り切って時々休みながら進みまし
た。そうして四日市駅から3時間で津駅に到着。会場からだと60kmほどを3時間30
分で完走。これってシングルスピード車では結構速い方では?何しろズーッと向
かい風でしたしね。

津駅前のヤダサイクルに寄ったら、お茶を出してくれました。おいしい。お店で
少し休ませていただいて、体力が回復したら家に向け最後のライド。足がかなり
疲れました。最後の坂はほとんど右足だけでペダルをこいでいました。今回の
ツーリングにあったすべての坂道をシートに座った状態で上がりました。それは
一番の記録かも知れません。今回四日市を走っていたらヤマハの古いトレール車
を売っているお店を発見。鈴鹿ではバイアルスの初期型を置いているお店も見つ
けました。古いオートバイ好きにはたまりませんね。多分普段車で走っていたら
気が付かないような店もバイクなら見つけられますね。
他に気が付いたことは、グリップは目的に合わせて硬さを選んだ方が楽。長距離
は柔らか目が手に良いと思います。ハンドルバーの角度は地面から垂直。これは
基本的ですが自分に合った角度を見つけてください。道中バイクは何のトラブル
もなし。安心して走行できました。家に着いたら夕方の5時でした。たくさん
走った218kamel Jを丁寧に洗車してツーリングは終了しました。

HIRANO