カテゴリー : Report

私のWMCチャレンジは終了!

686
私のWMCチャレンジは終了!

 

 

2016年のバイクトライアル世界選手権(WBC)は無事に終了。ここ数年、様々な理由で減少した参加国と参加者だが、すでに下げ止まり、増加に転じている。今回はルーマニアが初めて参加した。

WBCと同時に開催された第1回目のWORLD MAJOR
CUP(WMC)へに私の還暦を過ぎての参加は、自分としては真剣に取り組んだが、さすがに反応は気になっていた。でも心配は要らなかった。各国の参加者やその関係者の多くから「I RESPECT YOU」と言われ、BIUの役員からも高い評価を得て正直ホッとした。参加を決めてから準備期間がたった3週間しかなくて、ライディングは散々だったけど、2試合を走りきっても疲れも無く、かなり鍛えられた。何度か転倒もあったけど幸いケガもなく、バイクも無事だった。長い間自転車から離れていたけれど、今回を機にトレーニングを続けて、機会があればWMCにまた参加したい。今後このクラスが増えると面白い。予断ですが帰国して少しオートバイに乗ったけど、明らかにバランスに違いを感じました。少し磨かれたかな?後半の練習や大会が楽しみになりました。WMCに参加した選手から「来年も出るのか?」と訊かれ、「たぶん」と答えた。本当は今回が最後のつもりでしたが、結果には納得していないので、もし機会があればもう少しトレーニングしてちゃんとした状態で再チャレンジしてみたい気もあります。良かったら皆さんもWMCへの参加いかがですか?

その1 練習

新しくワールドメジャーカップ(WMC)がスタートする事は昨年から知ってはいたが、その内容は良く分からず、エントリーが開始され、参加人数が伸びないのが気になっていた。そこで少しでも後押し出来たらとWMCにエントリーを決めたのは7月に入ってから。締め切りギリギリになっての事でした。しかし最後に参加した国際大会からちょうど20年目。ここ6年はほとんどオートバイにしか乗っていなかったので、本番までの3週間はかなり練習がきつかったのは事実。実際、最初の練習の後は3日間は乗る気にもならなかったほど。筋肉の状態はこれまでに感じた事が無いほど違和感があって最悪だった。でも少しづつ順応し、暑い時間帯の練習にも慣れ、出発直前までがんばってみた。

 

その2 大会

第1回WMCの舞台となったのはチェコのブランスコ。会場は山。下からスタートしてトレッキングする感じで山を上って帰ってくる2kmほどのコース。セクション数は8つ。それを2周する。上り坂がキツイしセクションは高低差がある。準備期間が短かった為、人工的なセクションとオートバイのパークでの練習がほとんどで、本格的なロックや飛び降りなどはほとんど出来る状態ではなかった。でも本番では助走のあるステアなど一つだけ作られた人工セクションにしかなく、ほとんどが柔らかな表面の土と細かいバランスを要する小石、助走のないステアが多かったので、練習はまったくと言って良いほど役には立たず苦しんだ。しかし逆にオートバイ的な転がしが必要な下りではかなり良かった。やはり事前の練習が大事だと痛感。第1戦目はROUP
BのBLUEとGREENを利用して、半分づつ走ったが、元エリートのステファン(スロバキア)が肩を骨折。セクションの見直しが行われ、第2戦目はGREENのみになった。それでもWBCのセクションは厳しく、オールクリーンは出なかった。実は第1戦のみに出るつもりでしたが、結果に納得できなかったので第2戦にも参加しました。チェコの気温が夏でも20度を下回り(隣のスロバキアでは雪が降った)、おまけに時々雨が降ったので、涼しいと言うよりも寒かったぐらいで、気候にも助けられ、ゴールしても疲れは無く、体力的にはもう1ラップする余裕はあり、まったく問題は無かったのですが、多少は自信のあったバランスはまったく通じずでした。ここ数年はオートバイで楽をしていたのだな・・・とつくづく思いました。やはり自転車のバランスは高度だと思います。結局は3点で出るのがやっとでした。1週間で2試合を何とか乗り切って怪我無くゴール出来たのは何よりも嬉しい。最年長での参加と言う事もあって、WBC最年少の参加者と2人、表彰を受けた。主催者のお心遣いに感謝です。ちなみに今回使用したバイクは娘のユナが世界選手権で4シーズン使用したものを自分用にセッティングしなおしたもの。それ以前には寺井選手がWBCで使用している。長持ちな221Kamelのプロトタイプフレーム。試作車なので補強は少ないがそれでも壊れないのはさすがです。

 

その3 その他

世界選手権を公認しているBIUの役員として今回のWBCのJURYを行った。またBIU総会も開催され参加した。日本を含む数カ国が認可料を支払っていない問題が議題にあげられた。これらはWBCに参加するとか以前に、国内選手権開催に引っかかる問題なのでクリアしていただきたい。また国によってはBIKETRIALの名前やロゴを勝手に使用しているUCI系の大会もある事が報告され、今後は厳しく対応していく事が決まった。ちなみに15歳以下の世界選手権はBIKETRIALでしか行われておらず、その他の団体で行っている大会は「世界選手権格式」ではありません。

KC38結果報告 

GROUP(表彰):1位モリトライアル、2位ワンダーエナジー、3位K・D・R・T

2月14日(日)2016年最初のKAMEOKA CUPは、雨の予報に反して、曇りのち晴れ。気温も上がり、バイクトライアルを楽しむには最高の天候となった。参加は初参加3名を含む51名、通算女子の二桁参加記録を更新して30回を達成した。雨予報で小さい子がさんかするプッシュバイククラスの参加は少なかったが、日本一の初心者大会にふさわしい子供達の笑顔がたくさん見られる大会となった。表彰台にあがる女子が目立つのはKCならではだ。また、8年目を迎えて、KCのノーカラーから始めた子供達がBLUE(OPEN)で表彰台を独占するようになって、子供達の成長を感じる結果ともなった。結果は下記を参照。

CLUB BIKETRIAL CAFEでは今回もTSCA(ターゲットセクションクリーンアワード)を実施。第1セクションの2ラップ目にクリーンで走ったこどもたちに、チョコレートラスクをプレゼントした。

バレンタインデーにちなんで、合言葉は「バイクトライアル 大好き』。たくさんの子供達の笑顔をもらった。

写真アルバムはこちら

https://www.facebook.com/shuji.mishima.3/media_set?set=a.593709500784194.1073741838.100004354470039&type=3&pnref=story

 

KC38結果表

表彰式

 

PUSHBIKE&BKETRIAL A(4&UP)

1位カワゾエ ミオ、2位ミズタニ ユイナ

 

PUSHBIKE&BKETRIAL A(3&DOWN)

1位テラザワ ミユ、2位ミヤモト カズシ、3位モリ リュウタロウ

 

NO COLOR A(16& UP)

1位オグラ アツコ

 

NO COLOR A(15& DOWN)

1位ニシムラ ハル、2位モリ ホノカ、3位マツモト フウカ、4位クロヤマ タオ、5位ヨコタ ケイタロウ、6位キタグチ トモキ、7位テラザワ ユウシ

 

WHITE A(16& UP)

1位ナカツ アオイ、2位オグラ アキラ、3位ミズタニ マサト

WHITE B(15 &  DOWN)

1位ナカツ ギンガ、2位ヒラノ リュウセイ、3位カワゾエ ユウヤ、4位ハザマ コウ、5位ヒラノ ミノリ

GREEN(OPEN)

1位フクドメ ダイト、2位テラソ セリナ、3位ヒラノ アカリ

BLUE(OPEN)

1位ヒラノ ミユ、2位ヨコタ コウタロウ、3位タケクニ リンタロウ

 

2016年イベントスケジュール(2016.5.4更新)

2016年BIKETRIALの大会日程

●開催日/大会名/場所/主催
2月14日 亀岡カップ38/亀岡トライアルランド/平野 博

4月3日 知多カップ 1/知多バイクトラアイルランド/平野 博
5月1日 亀岡カップ39/亀岡トライアルランド/平野 博

5月29日 知多カップ 1/知多バイクトラアイルランド/平野 博
7月3日 亀岡カップ40/亀岡トライアルランド/平野 博
9月11日 亀岡カップ41/亀岡トライアルランド/平野 博

10月30日 亀岡カップ42/亀岡トライアルランド/平野 博

11月06日 バイクトライアル全日本/BCJ

お問い合わせ先:

● CLUB BIKETRIAL 三嶋鋳二
TEL:078-982-6005 mishima@club-biketrial

● 日本バイクトライアル連合(JBC)事務局

  TEL&FAX: 06-6477-5409

● 平野 博

TEL059-226-2557 b-trial@ztv.ne.jp

KC37 で実施したアンケートの集計結果

実施したアンケートの集計結果を発表します。

23 名の方からご回答をいただきました。

一番大切にしている競技ではなく誰もが楽しめる雰囲気に高い評価をいただいているのが嬉しいです。


KC 運営に活用させていただきます。ありがとうございました。

実施したアンケートの集計結果(032-01112015)

 

性別

x6/x17

 

年齢

10x2/0 20x0/2 30x0/4 40x2/8 50歳以上x2/1 未回答x0/1

 

お住まい地区

関西x5/13 中部x1/1 北陸x0/1 中国x0 四国x0 関東x0 その他x0 未回答x0

番号

質問

 

1

あなたは下のどれに当てはまりますか 

参加者x2/5

参加者の関係者x4/10

見学x0/1 その他x0( )

 

2

あなたが亀岡トライアルランドを訪れるのは何回目ですか

はじめてx0/4

2~5x1/5

6回以上x5/8

  

3

KC31 の情報を何でしりましたか

友だちx1/5

かぞくx0/6

 CLUBBIKETRIALのサイトx4/5

亀岡 TL のサイトx1/1

その他のサイトx0/1

雑誌x0

その他x0/1 (グリーンサイクルショップ)

  

4

このイベントで、あなたのお気に入りがあればにチェック。( )内の項目で特にお気に入りがあればで囲んでください。(複数お選びいただいても結構です。)


雰囲気x4/17

競技x6/12 (クラス分けx1/3
セクションx2/3 相互採点方式x0/3
参加割引x1/4)

ブースx3/9 (飲食x1/4 部品販売x1/2 試乗x1/1 展示x1/1 フリマx0)

無料レンタルバイクx1/3

表彰式x2/8

おたのしみ抽選会x4/15 (参加者x0/1 一般x0/1 景品内容x1/1
景品種類x0/1)

お片づけx2/5

その他x0( )

    

5

 

大会へのご意見・ご感想があればお書き下さい。会場での BGM のリクエストを募集しています。あなたのお好きな曲があればお書きください。

50 代今日も美味しいパンとコーヒーを食べて、楽しい一日を過ごせます。いつもありがとうございます。

40代いつも楽しく参加させてもらってます。ファミリーで楽しめる大会でうれしいです。

20 代いつも親子共に楽しませてもらっています。これからも参加したい大会です。

40 KC がきっかけで子供達が自転車に乗れるようになり、家族で自転車遊びができて楽しみが増えました。

40代楽しく参加できます。参加者同志で友だちが増えるのもいいです。

20代子供がすごく楽しそうで私も嬉しかったで!!

40代今回は大会にはでなかったですがとても気になりました。次回は参加したいと思います。

30代車でゲートを通過した後、まっすぐ左に下がるか分かりませんでした。子供がとても嬉しそうで、親の私も楽しかったです。

  30 代子どもが無理なく続けられそうでこれからも参加したいです。

40代いつもあたたかい大会をありがとうございます。日々のはげみになり1年を力いっぱい過ごせました。感謝。

30代いつもありがとうございます。

40 代これからもよろしくお願いします。

40 代楽しませて頂いてありがとうございます。

50以上大会だけでなく練習会も有ればなお良いと思います。10代良い。久しぶりにでてすごくたのしかったです。

10代ない

 

KC37 クリスマス大会 結果発表

第37回 バイクトライアル KAMEOKA CUP (KC37)クリスマス大会
結果発表

KC37は天候に恵まれ、無事終了しました。リザルト&表彰式の模様を報告します。

KC37リザルト(PDF)はこちらからダウンロードください。

●KC37 合計:75名(2~60歳まで)
女性:18名
初参加:10名
WHIITEまで:46名
WHITE以上:29名
GROUP:18組

【実施要項】
イベント名:第37回 バイクトライアル KAMEOKA CUP (KC37)クリスマス大会
開催目的:バイクトライアルの普及
イベント内容: 初心者から中級までを対象にしたコンペ。
PUSHBIKEクラスは自転車に乗れなくても参加可能です。
開催日: 2015年11月1日(日曜日・雨天決行)
主催:平野 博
協力:亀岡トライアルランド、Club Biketrial、MJ、GIANT、WELD ONE、G-MAGIC、MITANI MS SUZUKA、XC-TING、NIKOVLAND、YADA CYCLE、KT CYCLE、DOB、GLITTERTUNE、MOMENT、SHUURIYA、 TR Product。
会場:亀岡トライアルランド

【表彰式】


〇PUSHBIKE & BIKETRIAL A (4 & UP)
1位ニシオ リク、2位ナカガワ タクミ、3位ヤマグチ ソウダイ、4位サイトウ ソウダイ、5位カツラハラ リョウ、6位カワゾエ ミオ

 

〇PUSHBIKE & BIKETRIAL B (3 & DOWN)
1位テラザワ ミユ、2位マナベ サトリ、3位タチバナ コイタロウ、4位ワザワ リオ、5位モリ リュウタロウ、6位イノウエ ニコ、7位キタグチ ヨシキ、8位ナガノ ユウマ

〇NO COLOR A (16 & UP)
1位マナベ セイイチ、2位ホンダ ヨシエ、3位タチバナ カオリ

 

〇NO COLOR B (15 & DOWN)
1位ヒラノ ミノリ、2位ホンダ コハク、3位ホンダ ソラム、4位ヨコタ ケイタロウ

◎WHITE A (16 & UP)
1位オノ トモマサ、2位タケモト コウヘイ、3位スミダ ヨシタカ

 

◎WHITE B (15 & DOWN)
1位ナカツ ギンガ、2位ヒラノ リュウセイ、3位ワザワ マオ

 

●GREEN (OPEN)
1位ヒラノ アカリ、2位モリ イクミ、3位ヒトミ カズヒロ

 

●BLUE (OPEN)
1位マツモト イオリ、2位ムラタ ハヤト、3位ヨコタ カナ

 

●GROUP
1位GREENCYCLE、2位ワンダーエナジー、3位モリトライアル