カテゴリー : スクール&クリニック

第34回KAMEOKA定期練習会報告

9月6日(土)曇りだが、蒸し暑いく少し動くだけで汗が滴り落ちる。それでも雨に降られなくて幸い。総勢12名参加いただきました。グリーン、ブルークラスは森進太郎氏がガイド、NOカラーとホワイトは三嶋と平野テツシ氏がガイドをつとめて、練習会をスタート。

三嶋の担当したNOカラー、ホワイトでは、子供たちの成長が著しい。リュウセイは走りの制度が上がってきてホワイトクラスの難度にチャレンジ。段差はまだできないが、踏み台を置けば一つ高いレベルのセクションも走れている。アカリちゃんは平地のターンができるようになってきた。課題は下りでのブレーキングだ。3回目の参加となる神戸のコウくんは漕ぐ力がついて、セクションを走りきれるようになった。課題であった2本指でもブレーキングも、テツシ氏の指導でできるようになった。忘れず練習してほしい。

おなじみとなっているKamelJオーナーの葛原さんは、こどもたちは幼稚園の運動会で、一人で参加。ステップを上がったあとの抜重をマスター。
遠方では、三重から十川さんが参加してくれた。次回亀岡で開催される全日本選手権のオープンクラスにチャッレンするとのこと。がんばって下さい。

練習の後は、カフェでジュースとお菓子でゆったり過ごしながら、バイクトライアル談義。

森さんは、娘のホノカちゃん改造したMONTY205を持ってきてくれた。前のフォークとシートポストが森スペシャル。自転車談義に花が咲く。

【練習会の案内】
初心者をはじめ誰もが気軽に参加できる練習会です(NOカラー、White、Greenなどが中心 BlueもOK。女性の方でも、小さなお子さんの参加も歓迎です)。前回は17名もの参加がありました皆でいっぱい練習しましょう。参加をお待ちしています。

【次回のスケジュール】
第35回KAMEOKA定期練習会
日時:2013年10月4日 9:30集合 10:00~12:00
費用:1日走行料のみ(1000円)※
場所:亀岡トライアルランド
主催:CLUB BIKETRIAL MISHIMA
協力:亀岡トライアルランド 森進太郎

事前受付はありません。当日亀岡トライアルランドにおこしください。

【関連記事】
3/1第20回KAMEOKA定期練習会レポート

3/1第29回KAMEOKA定期練習会レポート

3/1第31回KAMEOKA定期練習会レポート

CLUB BIKETRIAL MIASMA

5/4 PBであそぼう「子供はニコニコ、大人は大笑い」


5月4日「PBであそぼう」は好天にも恵まれ20名の参加者を集めて亀岡トライアルランドで開催されました。下は2歳から50歳代まで、皆で自転車に乗って多いに遊びました(写真ギャラリーは最後にあります)。

はじめに主催者の平野氏から、今回の初のPBであそぼうの開催趣旨として、自転車であそぶことの大切さを説明。「暮らしの中で、危険はすべて除去したり管理することはできない。危険に遭遇したとき、とっさの判断は、その人の想像力が決め手になる…そして、遊びな中で想像力は育まれるから、大好きな自転車で遊んでほしい」(3.11の震災後から発信している、平野氏のそし三嶋のコンセプトベースだ)とのコメントがあった。「PBであそぼう」KCでは、競技会での女性やこどもたち、初心者にフォーカスしたイベントを作ってきた平野氏が、プッシュバイクや自転車にまたがれる人を対象に、競技の枠を遊びやコニュニケーションゲームに広げてチャレンジしている。小さなお子さんが参加する競技会の場合、お母さんやお父さんは、管理していないつもりでも、保護者として監視、観察者として参加しがちです。上手くなってほしいと過剰に期待もかけてしまう。そんな上下、外と内の関係をなくすために、母さんやお父さんも皆参加してもらっていた。
そして、こんな場面だからこそ、バリやフリーバイク、218KamelJが大活躍。ノーマルから、平野氏、森氏の究極のカスタマイズ218KamelJまで乗り放題.。

遊びの構成は、大きくは2つの構成。5×5のフラットなスクエアの中を1周して帰ってくる自転車あそび。
その中に障害物を避けたり、踏んだり、自転車のコントロールの要素は入った遊び。もう一つは、「遠くまでGO!」からはじまる、自転車の上でバランスをとりながらするたの遊び、エンターテイメント性の高い遊び。「親子でキャッチボール」「かめせんGET」などがあたります。親子でやることで、どちらもコニュニケーションのゲームにもなっていて、子供たちの反応が面白いです。
実際、こどもの方が柔軟性が高いから、急激に馬の状況応じて上手くなるこどもに比べ、身体の固さや、力にたよることになる大人の方が大失敗することも多いのです。こどもに「おとうちゃんうまくいけた?」なんて言われたりします。「がんばれ」って子供から励まされます。

四角いプラスティックブロックを渡し合う「親子度キャッチボール」は、子供が親御さんに渡す時が一番を面白かったです。ふざけることなく、集中してて柔らかくブロック手渡す3歳の子供をみていると、すごいって思います。受け渡されたお父さんやお母さんが驚き、感動します。

次第に親子でゲームを作っていく、楽しむ雰囲気が盛り上がっていきます。年齢がばらばらなので、ブログラムの時間はかかっていますが、おそらく親子で参加した殆どの方には、その待ち時間は気にならなかったと思います。

最後、5×5のスクエアには、音のなる目標が2カ所、避けないとだめな地雷マーカーが10カ所以上、それに丸太、くぐる必要のあるハードルまで設置されても、こどもは楽しそうに、どんどんクリア! 身体の大きな大人はハードルでバランスを崩して、そのまま地雷マーカーに捕まり、目標物を踏めず通り過ぎ、あまりの状況に、真剣なだけに笑いがこみあげて、そのままゴール。子供はニコニコ、大人は大笑いです。

「PBであそぼう」良かったです。続くと思います。KCとは全く違うイベントです。次回をお楽しみに。

【写真ギャラリー】

【実施データ】

PBであそぼう!実施要綱
●主催:平野 博
●開催日:2014年5月3日雨天中止
●定員:15名程度
●対象:幼児・子供、218Kamel Jユーザー
●使用バイク:PUSHBIKEまたは自転車(ペダル付きOKです。)
●目的:PUSHBIKEを使ったゲームで遊びながらライディングの基本を覚える
●レンタルご希望の場合はMONTY 202 PUSHBIKE 1台を無料レンタルでご用意さ
せていただきます。事前にお申込下さい。
●参加申込:4月30日までにメール(b-trial@ztv.ne.jp)でお申込下さい。
●参加料:1,500円(亀岡走行料と保険代を含む)参加料は当日払いです。
●プログラムとタイムスケジュール:(一部変更されたものがあります)
受付:09:30~10:00
はじめの挨拶、注意事項の確認、走行前の点検:10:05
体操:10:15
LESSON 1:進む 10:20
あそび1:「遠くまでGO!」 10:35
LESSON 2:コントロール 10:50
あそび3:「かめせんキャッチ」 11:35
LESSON 4:総合 11:50
片付け: 12:10
おわりの挨拶: 12:15
終了: 12:20

CLUB BIKETRIAL MISHIMA

KCをうまく使った、葛原さん家族の218KamelJ Life

218KamelJとカツラハラ・エミさん、楽しそう。

218はタケシさんが乗って、エミさんはレンタルバイクを借りて、外山さんのビギナーガイドの講習をうける。

 

外山さんがついて、家族そろって、セクションを回る。プッシュバイクで走るサトルくん。

足付きの場所や目線など適切なガイドが受けられる。

リョウくん3歳は、PUSHBIKE & BIKETRIAL A (4 & UP)クラスで3位を獲得。
【レポート】KCをうまく使った、葛原さん家族の218KamelJ Life

KC29に218KamelJで参戦していたカツラハラさんは、この自転車を購入したことで、生活の中にバイクトライアル遊びをうまく取り込んで、奥さんのエミさんといっしょに楽しんでいて、218KamelJでKCを楽しむならこんなふうに楽しんでほしいという理想に近いと僕は思います。

マウンテンバイクは乗っていたが、本格的にオフロードで自転車を乗ったことがなかった葛原タケシさんが、これなら楽しめるかもと思って218KamelJを購入されたのが、昨年の11月頃のことでした。。それから奥さんのエミさんと子供二人をつれて12月の亀岡の定期練習会に参加されました。お二人でKamelJを交互に使って、漕ぐこと、下り、ギャップの乗り越えなど基礎的な動きを練習したのですが、初のバイクトライアル体験は予想通りの楽しさだったようです。
続く1月11日にイージーKC形式の練習会にも参加。子供たちはプッシュバイクで参加して、終わってからも練習していたのが印象的でした。

そして01月26日のKAMEOKA CUP 28で競技会にデビュー。ここでGAIANTの外山さんが実施するビギナーズガイドに参加して、適切なコーチングを受けて、競技会にも楽しさを見つけることができたようです。

続いて、さらに4月6日KC29に参加。奥さんおエミさんの自転車はレンタルバイクを予約、引き続きGAIANTの外山さんが実施するビギナーズガイドに参加して、KCを存分に楽しんだとのことです。

「子供が山の中で楽しく遊ぶことは少ないし、バイクトライアルは本当にいい機会です。理由なく楽しいのですが、レベルはまだNOカラーですが、ガイドいただいて足着きリカバリーの方法など競技で大切なことを教えてもらえて充実しています。普段は家の前や公園で1時間程度、218KamelJを使って基礎練習程度ですね。なのでシティーモードには戻さないですね。KCモそうですが、自分たちのスタイルで無理なく続けられるのがいいです。楽しんでいます」とトランスポーターに積んだ218KamelJと2台のプッシュバイクの前で、カツラハラ・タケシさんは笑った。

・KC29結果

葛原タケシ WHITE A (16 & UP) 7位
葛原エミ NO COLOR A (16 & UP) 4位
サトルくん5歳 PUSHBIKE & BIKETRIAL A (4 & UP) 7位
リョウくん3歳 PUSHBIKE & BIKETRIAL A (4 & UP) 3位

 

【感想】

取っ掛かりは、街乗りのマウンテンバイクでは飽き足らずにもう少しオフロードもたのしめる自転車として、街乗りも想定して218KamelJを購入されたようです。このようなニーズで218KamelJをご購入されるお客さんは多いです。葛原さんがすばらしいところは、購入後にその自転車で楽しんでみようと一歩前に踏み出されたことです。218KamelJはそんな要望にに答えられる自転車です。乗り手を触発して、オフロードでの遊びに連れ出したいという制作者の意図を反映しています。葛原さん家族のペースで、218KamelJを使ってこれからも楽しんでほしいと思います。KCでお会いしましょう。

218KamelJ 2013・2014モデルのご購入はこちら→

【アクティブ情報】

毎月第1土曜日に亀岡トライアルランドで実施している亀岡定期練習会の内容、ガイドページはこちら→

Kameoka Cupのガイドはこちら→

CLUB BIKETRIAL MISHIMA

1/11イージーKCの結果レポート

1月11日、新春初のイージーKC@亀岡TRが終わりました。天気は晴れ。選手は18名(総数22名)。こども達は上手くなっています。
イージーとはいっても、セクション難度の設定は、それぞれのクラスがチャレンジできる課題がしっかり組み込まれていて、走ってみると、その後、練習したくなる。KCのセクションをつくる森さんだからこその配慮があり、すばらしい。そのため、私も含めて、セクション撤収後も練習をすることになる。


【写真】平野ミユちゃん、横田カナちゃん、どんどんうまくなって、練習会を引っ張ってくれています。いっしょに練習会を支えてくれている平野ユウジさん、テツシさん、横田家の皆さんありがとございます。2014年もよろしくお願いいたします。

 

こどもは身体の成長と技術の向上がシンクロしていて、スポンジのように技術を吸収してくれる。初めて練習会で自転車を乗り出した子供たちはすでに殆どがブルーだ。成長の軌跡は練習会をやっている成果と言えばおこがましいが、楽しみの一つではある。

大人はコーヒー、こどもはココアでカフェタイム。大人とこどもの話の時間です。

練習の仕方がわからない、バイクトライアルをやってみたい、そんな方は、是非一緒に練習しましょう。沢山の参加をお待ちしています。

次回は2月1日亀岡トライアルランドで、イージーKCではなく、いつもの練習会です。

今年最初の練習会はイージーKC方式でやってみました。
土曜日にプチ大会をやると言った感じです。土曜日でしたが18人の参加ありがとうございます!
今回は4セクション×2ラップでしたが、そこそこ走り応えのある設定だったので
皆さん楽しめたようです。

イージーKCの結果は森トラブログをご覧ください。
森進太郎

【基礎データ】
第27回KAMEOKA定期練習会(イージーKC方式)
対象:NOカラー、WHITE、GREEN、BLUE (レベルと色の関係はこちらを参照下さい
日時:2014年1月11日(土)9:30集合 10:00~12:00
費用:1500円(1日走行料1000円を含む。亀岡トライアルランドの会員の方は500円)
場所:亀岡トライアルランド
主催:亀岡トライアルランド 森進太郎 (森トラブログはこちら
協力:CLUB BIKETRIAL

CLUB BIKETRIAL MISHIMA

第26回KAMEOKA定期練習会の報告

第26回KAMEOKA定期練習会の報告

今年最後の亀岡定期練習会。雨が降ったり、止んだり。厳しい環境の中、実戦さながら、4セクションを点数をつけて、廻りました。総数16名(参加者11名 サポート5名)。

兵庫県の明石市から初参加の坂田悠真くん7歳、姫菜ちゃん5歳は、坂道での漕ぎ練習からはじめて、下りでのブレーキングを練習してから、NOカラーのコースを走りました。姫菜ちゃんはノーマルの自転車で、雨の環境でオフロードを走るのは大変だったけど、楽しく走ってくれました。

それ以外はすべて、WHITEとGREENレベル、練習会に参加いただいている子供たちはいつもより課題を見つける、少し難度の高いセクションでした。横田華奈ちゃん、平野ミユちゃんにも、なんとかコースを走りきれるぎりぎりの設定、4回足つきの3点か、惜しくも5点か。結果としては、課題と、残念な(悔しい)5点が並んだと思うが、来年のKCに向けて糧にしてもらいたいと思っています(森進太郎氏)。

カフェタイムには、クリスマスなので、焚き火を囲んで暖かいコーヒーとチャイを飲みながらチョコレートケーキ(ザッハトルテ)とロールケーキを食べました。

冷たい雨が上がるのを待ってで、練習会を行ったので、午後もセクションを走りました。

参加者11名、サポート(親御さん5名) 計16名
坂田悠真
坂田姫菜
川添蒼太
荒川真二
松島裕之
横田華奈
横田宏太郎
平野明香有
平野実乃理
平野ミユ
竹国倫太朗

【基礎データ】
第26回KAMEOKA定期練習会
日時:2013年12月21日(土)9:30集合 10:00~12:00
費用:1日走行料のみ(1000円)※
場所:亀岡トライアルランド
主催:CLUB BIKETRIAL
協力:亀岡トライアルランド
指導協力:森進太郎

第25回 報告
第24回 報告
第23回 報告
第22回 報告(動画)
第21回 報告
第20回 報告
第19回Kameoka定期練習会 大盛況!コンペ形式の練習報告
第18回KAMEOKA定期練習会 KC24の復習練習
第17回KAMEOKA定期練習会 大盛況そして大雪

CLUB BIKETRIAL MISHIMA