カテゴリー : 未分類

WBC第1戦カタロニア・イグアラダ大会

DSC_31130.JPG DSC_32083.JPG DSC_31147.JPG DSC_31095.JPG

337 WBC第1戦カタロニア・イグアラダ大会

BIU2013世界選手権(WBC)カタロニア・イグアラダ大会の開催をサポートした、
オット・ピから、レポートと写真が届きました。
大会は成功との事。良かったです。
ただ1点。昨年の世界チャンピオン、ダニのペナルティ10点については、大会
JURYの裁定によるものですが、オット、スペイン代表、その他から異議があるよ
うです。
今後、BIUのサイトにそれらの経緯などが掲載されるようです。
フェアな判定を願いたいですね。

さて、WBC第2戦チェコ・ブランスコ大会は今週の土日。
私は明日の朝、セントレアから出発となります。チェコではBIU総会とWBC開催協
力、及びビデオ撮影を行います。WBC終了後はバルセロナに移動。色々と情報を
仕入れ、それらは帰国後に発表させていただきます。

●MJ2013SUMMERキャンペーン
以前にサイトで発表しましたとおり、MJ2013SUMMERキャンペーン商品は売り切れ
となりました。したがって予定よりも早めでしたがキャンペーンを終了させてい
ただきました。
ご了承下さい。
お申込いただいたユーザーの皆様には、最後の商品の発送も終わりました。
ありがとうございました。

またの機会によろしくお願いいたします。

HIRANO

PUSH-BIKETRIAL

DSC_2016_2.JPG DSC_1010_2.JPG DSC_0835_2.JPG DSC_0934_2.JPG

336 PUSH-BIKETRIAL

BIU 世界選手権第1戦カタロニア・イグアラダ大会を開催した街の中心部で、
PUSH-BIKEのイベントも同時開催された。
行われたのはPUSH-BIKETRIALとPUSH-BIKE F1の2競技。
PUSH-BIKETRIALはKCが世界初の開催を行い、すでに2年以上も開催を継続してい
る。
イグアラダでは5セクションが設けられ、子供たちがチャレンジした。

HIRANO

BIU 2013世界選手権(WBC)第1戦イグアラダ大会終了

335 BIU 2013世界選手権(WBC)第1戦イグアラダ大会終了

いよいよスタートした今年のWBC。
今年のWBC、日本からはエリート世界ランキング5位のヤマモト(鳥取/MONTY)を
含む全8名の選手が参加する予定。

WBC第1戦の開催地イグアラダは、昨年に続き、今年で2回目の開催となる。

初日のグループBでは、BENJAMINでウジカワとMINIMEのオオハラが優勝。
ウジカワはオールクリーンを達成。オオハラも1ラップ目に1つ減点5を取ったも
のの、2ラップ目はオールクリーンを達成した。

ウジカワと同じく、BENJAMINに参加したKDRTのタケダは減点15で7位。KDRTのモ
リはタイムペナルティ7点を受けて減点45で14位だった。
セニアに参加したニシザキは減点97で33位。

注目のエリートはコラール(チェコ/MONTY)が減点31で優勝。
昨年のチャンピオン、コマスはペナルティ10を受け、減点32で2位となった。3位
はUKのサベージ減点32。

BCJ全日本エリートチャンピオンのヤマモトは、残念ながらスタートしなかった
ため最下位発進となった。原因は不明。最終戦のチェコ大会での活躍が期待され
る。

日本は国別対抗で、アウェイながらも15ヶ国中4位と健闘した。
現時点で上位3位はカタロニア、スペイン、チェコ。
昨年同様にトップ3入り出来るかは最終戦チェコ大会に懸かっている。

HIRANO 

MJ 2013 SUMMERキャンペーンをご利用いただいた皆様に感謝!

334 MJ 2013 SUMMERキャンペーンをご利用いただいた皆様に感謝!

MJ SUMMERキャンペーンは、多くの218Kamel Jユーザーの方にご利用いただき、
喜んでいただけました。

「この度は素晴らしいキャンペーンを企画して頂きありがとうございます!」
「非常にいい話なので、よろしくお願い致します。」
「このお知らせを心待ちにしていました!」
「今回summerダブルキャンペーンでパーツ類を格安で販売するとの事でお願いい
たします。」
「キャンペーン連絡ありがとうございました。是非、購入させていただきたいと
思います。」
「部品セット、購入したいので、よろしくお願いいたします」
「本当にサマーキャンペーンなんですね、大丈夫ですか?」

など、たくさんのメールをいただきました。
実施して良かったです。
途中から欠品になった部品に関しましては、代わりのプランを提示させていただ
き、出来るだけ多くのご要望に対応させていただきました。
欠品で、ご希望に添えなかった皆様には申し訳ございませんでした。

「欠品になってしまったのは残念ですが、ハイグレードのハンドルとステムの
セットを販売していただけるとの事でキャンセルはせずにこのまま購入したいと
思います。」など、ご理解をいただきました。

セット内容のご紹介で、より詳しく説明をしようとして、悪気はなかったのです
が、一部誤解を招いてしまいました。
即日、ご応募いただいた対象者全員にご説明とお詫びのメールを送り、同時にサ
イトにもお詫びを掲載いたしました。

「そうでしたか。私も同様の認識でしたが、ご丁寧にご連絡いただきありがとう
ございます。了解しました。返品等は致しませんので、ご安心下さい。」
「ブレーキレバーとグリップについては、付いてくるとは思ってなかったのでお
詫びの連絡が届き逆に驚きました。」などのメールをご利用者の方からいただき
ました。
ガッカリされた方にはお詫びし、ご理解いただいた方には感謝いたします。

実は、先日キャンペーンの終了を発表しましたが、現在も応募が来ておりまし
て、それらについては、若干条件が違いますが、可能な限り対応させていただい
ております。
ご送金やキャンペーン品の発送など、完了していない方への対応は、私のヨー
ロッパ行き(世界選手権開催協力など)と、その間のMJ休業などの条件はありま
すが、時間が取れる限り継続していきますので、よろしくお願いいたします。

今回の良かった点など、色々と今後に活かしたいと思います。
また、キャンペーンをご利用の皆様には、MJ新作オリジナルDVDをサービスさせ
ていただきました。(バイク購入時にお付けした方は対象外とさせていただきま
した。)

今後も218Kamel Jでお楽しみいただけたらと思います。
また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。

HIRANO

GATTI、北海道大会優勝で全日本IASで2連勝!

P1150195.JPG P1150130.JPG

333  GATTI、北海道大会優勝で全日本IASで2連勝!

うれしい知らせが来ました。
チームミタニ(KCではKDRTがグループ賞で最多優勝記録更新中。もう直ぐ世界選
手権でヨーロッパに出発。)のGATTIが、MFJ全日本選手権北海道大会で今期2勝
目!

元はバイクトライアルのミニメクラス世界チャンピオン!
やっぱりバイクトラアイル出身の選手がオートバイで活躍するのは嬉しいです
ね。

GATTIは今もMONTYに乗ってくれています。
前回のKC25では賞品のご提供もいただきました。
またKCにも遊びに来て欲しいですね。

GATTI、おめでとう!

HIRANO

以下は三谷さんからのレポート。

TEAM MITANI
2013全日本トライアルR-4 北海道大会 結果報告書
「☆IAS:小川友幸選手 2連勝へ☆」
2013 出場ライダー紹介
全日本トライアル選手権(全7戦) 出場ライダー 
(出場車両:HRC RTL260Fベース MITANI280orMITANI LS300)
● 国際A級スーパークラス
小川友幸(36歳) 2007年2010年チャンピオン      バイク:ホンダ 
NEWマシン
柴田 暁(24歳) 2011-2012年IAスーパー5位       バイク:MITANI
LONG
STROKE300
● 国際A級クラス
村田慎示(39歳) IAクラス優勝経験があるベテラン    バイク:MITANI 
KOBEチューン280 
北山将司 (29歳) TEAM MITANI系橋田一家からエントリー バイク:MITANI 
SUZUKAチューン280
マインダー&サポート :田中裕大&川村道徳(小川友幸選手) 田中裕人(柴
田暁選手) 上田万法(村田慎示)

■開催日:2013年7月14日(日)
■開催地:北海道和寒町 和寒サーキット
■気温:28度   ■天候:晴天
■競技:10セクション×2ラップ+スペシャルセクション(SS)2セクション×
1ラップ

(R-4結果)
<国際A級SUPERクラス>
☆1位小川友幸 5位柴田暁 
<国際A級クラス>
10位 村田慎示 

毎年北海道は恒例の和寒での開催。道央ということで北海道の中でも暑い。でも
東海に比べれば10度近く涼しい。快適な気温での競技でした。17日にヨーロッパ
行きを控えていたため今回は飛行機移動でのチームサポートとなりました。チー
ム員の皆さんにご理解いただきテント&機材を斉藤晶夫選手お父さんに運んでも
らって、みんなで役割分担してもらって大事な1戦に挑みました!ご協力いただ
きましたみなさんありがとうございました。

(IA)
このクラス一人で支えてくれている村田慎示選手いつもだと仕事の都合で北海道
は見送るところですが仕事の都合をつけてくれて参戦してくれました。本人も今
年調子良いだけに、ランキング5位以内を目指したいところだから意気込みを感
じる。
練習熱心で情熱は今まで以上にMAXなのだと思います。すばらしいことだ!
今回結果は満足いく結果ではなかったがシーズン通して目標に向かってほしいで
すね!

(IAS)
とても頂点争いをするライダーの体制ではない、状況しかつくってやれない環境
で!!小川友幸選手が2連勝を飾ってくれた。うれしい&頭が下がる、九州大会
優勝から・・・チームのイベント、トライアルショーをこなして、チームの段取
りまでしてくれて、全日本でもきっちり結果を残してくれる。
ゆうことなしですよね〜まあでもここは厳しくゆうなら今日の1lap目の点差から
考えたらもっと引き離して「勝てよ」!!です。とは口が裂けてもいいません
(笑) 同点でも勝ちは勝ち!勝ちにこだわればどんな接戦でもものにできる強さ
が生まれるんだ。「あの状況で良く勝った」と褒めます(笑)
1lap目ライバル黒山選手の失敗もあり点差を広げることに成功した。しかしそこ
からもライバルの失点があるものの小川選手自身も同じような失敗が続きなかな
か点差を広げることができなかった・・・逆の立場だと大きく引き離されるパ
ターンだった。引き離せない状況がいやな予感がよぎる・・・2lap目第4セク
ション1lap目クリーンでライバルと点差をつけたところで5点・・・・一気に点
差がなくなる、そして極めつけは9secでの5点(1lap目クリーン)で一気に同点
に・・・・あせりましたよ〜〜なぜにこんな土壇場で追いつかれてしまう?? 
でもこの時点でクリーン数差で1位は守っていた!!このクリーン数1多いのに
救われた勝利だった!!SSは上位にはクリーンして当たり前のような設定だった
から、よけいはらはらどきどきでした。
「勝ってよかった!!」
柴田暁選手はSSに入る前の順位は6位、SS1で5位に上がる。ところがSS2で6位の
ライダーがクリーンをしてきた。2点差だったので3点で6位になる状況でした。
プレッシャーかかったでしょうね。
プレッシャーに強いライダーとはとてもいえない柴田選手でしたので、遠くから
見守っていましたがクリーンして5位のポジションを勝ち取った!!すばらし
い!!すこし成長した感のある走りでした。今年はかなり調子が悪かっただけに
久しぶりの5位にはチームとしてもうれしい話題でした!!
とにもかくにもうちのチームには珍しく、強烈なプレッシャーに負けなかった大
会でした!!
今は何よりもGATTIの2連勝に祝杯をあげたい!!「おめでとう」「ありがとう」

これで!気持ちよく!世界選手権バイクトライアルにいけます!
今度は!KIDSたちで世界を獲ってきます!!
引き続き応援よろしくおねがいします。

TEAM MITANI  三谷知明