KC 認定記録に新記録5つ

KC 認定記録に新記録5つ

 

 

 

KCでは大会や参加者の記録を残しています。

これは主催する私に取っても、参加される方々に取っても、

目標になりますし、

記録を残すことで忘れないためです。

毎回いくつかの新記録が生まれますが、

今回のKC43では大会の記録2つと、個人記録3つ、

合計5つもの新記録が生まれました。

通算女子二桁参加記録は(女子が二桁数参加した)ついに35回となりました。

これは国内の記録ではダントツの1位。

何しろ二桁参加した大会は他にはいまだにゼロ。

つまりKCだけ。

その大会が本当に初級で楽しめるかの証しですから、

KCの開催のコンセプトはずーっとキープして行きたいと思っています。

今回も初参加のかたが20人を超えました。

平均初参加者の記録も16.57人から17.02人へと伸びました。

うれしいです。

個人記録は3つの新記録が生まれました。

トクノさんが一番KCに参加されているのは間違いないです。

KCをご利用いただき、本当にありがとうございます。

感謝です。

 

 

 

● 通算女子二桁参加記録

記録

35回(KC43)

● 平均初参加人数記録

記録

17.02人

● 連続女子参加記録

名前/地区/バイク/記録

トクノ フサエ/大阪/MONTY/31回

● 最多女子参加記録

名前/地区/バイク/記録

トクノ フサエ/大阪/MONTY/33回

● 最多男女混合最多参加記録

名前/地区/バイク/記録

KC43新記録 トクノ フサエ/大阪/MONTY/33回

 

 

 

惜しかったのはBLUEのオールクリーン記録。

この記録を今までに達成した人は全部で以下の13人。

その中にはGATTIやオット・ピもいます。

● KC BULEクラスオールクリーン記録

名前/地区/バイク/大会

オガワ トモユキ/三重/MONTY/KC14

オット・ピ/スペイン/MONTY/KC17

カミナガ シンイチ/大阪/MONTY/KC17

スミ ギショウ/愛知/MONTY/KC17

マエダ アツヒコ/京都/KOXX/KC17

ウジカワ ユウガ/三重/MONTY/KC19

ウジカワ セイヤ/三重/MONTY/KC22

モリ シンタロウ/京都/MONTY/KC24

モリ リュウキ/三重/MONTY/KC29

ホンダ ヒロハル/石川/CREWKERZ/KC35

マツモト イオリ/大阪/ROCKMAN/KC37

オグラ ハル/岡山/ECHO/KC39

モリ
リュウキ/三重/OZONYS/KC42

 

ミユちゃんは1ラップ目に1と5セクションでミスがあったけれど、

2ラップ目にはオールクリーン達成。

女子初のBLUEでのオールクリーンにあと一歩です。

次回、がんばって下さい。

PUSH BIKETRIALのルール変更を検討

PUSH BIKETRIALのルール変更検討

 

 

PUSH BIKETRIALのルール変更を検討しています。

現時点で以下のように考えています。

皆さんのご意見をいただければ幸いです。

可能であれば、

KC44から実施の予定でいます。

KC主催者

平野

 

 

PUSH BIKETRIAL基本ルール

MOD. 5-20170406

 

PUSH
BIKETRIALの初開催は2011年の6月19日のKC14からです。ルールは進んだ距離(通過ゲートの数)で減点数を決める方法を採用。より多くの参加者に分かりやすく、楽しみやすくするために、
2014年に車両規定とゲートに関するルールの一部修正を行い、2016の9月に再度若干の変更を行いました。2017年のKC43からは2クラスを1クラスに統合。よりBiketrialに近づけるために、その6月からゲート通過数ではなく、タイムによる減点制への変更を考えています。

 

 

●車両規定:

使用する車両は以下の2種類とします。

○PUSH
BIKE: ホイールサイズの規定はありません。

○自転車: ホイールサイズの規定はありません。ペダルは取り外して下さい。

 

●クラス分け:

○PUSH BIKETRIAL: 年齢分け無し

 

●採点のルール:

減点法で競います。

 

○採点は、セクションのINのゲートを前輪の車軸が通過した時点で開始します。セクションのOUTのゲートを前輪の車軸が通過した時点で終了します。ライダーがセクション内に入り、ルールに従い、セクションを終了した場合。 減点0

 

○セクションのINを通過して、30秒以内にOUTを通過した場合。 減点0

 

○セクションのINを通過して、60秒以内にOUTを通過した場合。 減点1

 

○セクションのINを通過して、90秒以内にOUTを通過した場合。 減点2

 

○セクションのINを通過して、120秒以内にOUTを通過した場合。 減点3

 

○セクションのINを通過して、120秒以内にOUTを通過できなかった場合。 減点5

 

○車輪や車体がセクション外に出た場合。ただしセクション外に足を付く事は減点の対象にはならない。(バイクトライアルのルールと同じです。) 減点5

 

○ライダーが足(シューズ)以外の身体の部分を使ってバランスを保った場合。障害物に寄りかかった場合。 減点5

 

○マインダーがライダーの身体や車体を押したり引っ張ったり(体力的な補助)を行った場合。ただし転倒しそうな時に安全のために横から支えたり、下りで身体や車体を止めブレーキの補助する事は減点の対象にはならない。 減点5

 

●服装:

ライダーは必ずヘルメットを着用しなければならない。また安全の為に、長袖シャツ、ハイカットシューズ、長ズボン、グローブ、肘あて、ひざあての着用を推奨する。

提案2つ

提案2つ

 

 

 

昨日亀岡の森さんから提案があって、

KCのセクションにオブザーバーを配置する話しをしました。

KCの参加者の親など関係者からの協力が得られるようなら、

実施の方向で検討します。

KCを相互採点方式にした理由は3つあります。

 

 

1. 人件費削減してその分を景品購入に当て、全員に何かをGETしてもらう。

2. 採点する事で早くバイクトライアルのルールを覚えてもらう。

3. 通常オブザーバーはボランティア精神のある親に頼り、オブザーバーをす

   る親は自分の子供の走りに付き添えず、見られない。みんなでオブザーバ

   ーをやればそれが解消できる。

 

 

・・・です。

オブザーバーを配備するメリットは、より公平性を保った採点が出来ることと、

競技は本格的になるでしょう。

これはNCやWHITEよりも、GREENやBLUEには良いでしょう。

もともと真剣な競技ではなく、あくまで初心者の皆さん楽しんでいただけるなら、

今のままでも良いかな・・・とは思います。

その辺のご意見がいただけるとありがたいです。

オブザーバーの人数は、

6セクション程度は最低でも必要なので6人は確保が必要。

6人分のお弁当やお礼(日当?)いくら用意すれば良いかな・・・と言う課題はあります。

予算確保は、参加者の数が常に80人を超えれば楽なのですが、

50人を切れば今のレベルも継続は厳しいでしょう。

参加料をあげれば簡単ですが、

もし上げないなら、

割引を減らすのもありかな?

とりあえず全セクションでなくても、

半分の3セクションに配備する方法も検討します。

 

 

 

もう一つ。

私の方では、PUSH-BIKETRIALのルールの事があります。

今はルールが違うので別にセクションを作っていますが、

もし、BIKETRIALのセクションを使えれば、

セクション数を調整でき、労力も減らせます。

今よりもコースの距離が長くなる問題はありますが、

本部から近いセクション4つか5つに限定すれば可能かも知れません。

今のままのルールでは無理なので、

PUSH-BIKETRIALをBIKETRIALと同じセクションで走らせるには、

基本ルールを、

セクションを通過すれば減点0。

失敗すれば減点5とするのがベターでしょう。

1~3点をどうするかは・・・タイムが良いかも知れません。

スタートして30秒を過ぎれば1点。

1分で2点。

1分30秒で3点。

2分で5点です。

PUSH-BIKETRAIALに参加されている親の意見はどうでしょう?

次回のKC44の参加申込受付が始まるのは5月のゴールデンウイーク過ぎになります。

実施要綱は4月の終わりごろには作りますので、

その頃までに考えがまとまれば良いのですが。

海外の反応

海外の反応

 

 

 

昨日、以下のメールにKC43のRESULTSを添えて海外のBIKETRIAL関係者に送りました。

 

 

Kameoka Cup was over
with success as
usual.

Please check the results.

Wide age, a
lot Feminas, a
lot first timers, were
enjoyed Biketrial together on a sunny spring day
in Kameoka Kyoto.

I hope you
will join us
someday.

 

すぐに返事が3つきました。

イギリスのブライアンさん、スペインのオットさん、中国のジェイソンさんからのメッセージをご紹介します。

 

 

Dear Hiro,

Congratulations on the organisation of the Kameoka Cup, as
usual every year.  Thanks for the results.

Best wishes,

Brian.

 

Congratulations Hiro!!!!!!!!!!!!!!! Good work keep
going

 

 

Dear Hiro

It’s great!

In 2012 KC, there is suuny and snow together in the
competition.

Could make a party some day
again.

Best Regards

Jason

KC43は無事に終了!

2歳~熟年までの男女、初めて~常連の皆さん、久々にカムバックされた方、

お近く~遠くの方まで、本当にたくさんの方々にご参加いただいたKC43でした。

 

KTサイクルさん、ブース出店&ご協賛ありがとうございました。

ニコフランドさん、TRプロダクトさん、それからご参加いただいた方からのご協賛にも感謝いたします。

皆さんに盛り上げていただき、

KCをスタートしてから9年目をむかえ、

本当に良い雰囲気の大会になったなーって思いました。

 

風はちょっと寒かったですが、

一日中晴れてスポーツするにははちょうど良かったかも。

 

私は腰痛であまり動けず、

前日のセクション作りでもちょっと厳しい面もありました。

大会当日も、朝のセクション番号付けとパンチャー&タイマー配備でコースを1周したらもう動けず、

ほとんど本部にいました。

なので写真も動画も撮りたかったのですが・・・。

早く治したいと思います。

 

今回初めてやったチョロQ大会に参加してくれたちびっ子達、

ありがとう。

幼児でも気軽に楽しめるので、

お楽しみの一つとして、

これから定着させて行こうと思っています。

 

GROUPクラスの優勝は北陸のGREEN
CYCLEでした。

通算5度目の優勝(KC35/KC37/KC40/KC41/KC43)。

あと3回で記録2位のモリトライアルとワンダーエナジーの優勝8回に並びます。

がんばって下さいね。

 

片付けも手伝っていただいた皆さんのおかげでスムーズに行き、

積み込みは無事に終了。

本当に助かりました。

森さんの奥さんに重い杭を運ぶのを手伝っていただきました。

その後姿に母強し!って感じました。

本当にありがとうございます。

 

いつもの事ですが、

終わってから賞品はもっと用意すれば良かったとか、

あれも買っとけば良かったなんて思ったりです。

次回に活かしたいと思います。

帰りは高速で渋滞にあいましたが8時ごろには無事に帰宅。

お風呂で冷えた体を温めホッとしました。

 

次回は6月11日の開催となります。

また宜しければご参加ください。

 

主催者

平野 博