7/8KC49サマー大会はじまるよ!!

KC 49の実施内容&エントリー(こちらをクリック)

続きを読む

2018年度BIUバイクトライアル世界選手権

2018年度BIUバイクトライアル世界選手権

遅れましたが、「WBC 2018 –
バイクトラアイル世界選手権サルディニア大会」を終えて、4日前に帰国しました。私は体調を壊して現地で入院。色んな要因から熱射病でダウン。血液中の水分の急激な減少により異常な数値となりました。水分補給も自力では出来なくなってしまいました。重症の場合致死率50%との事で、皮膚が冷たい状態になって、危険な状態と判断されて、救急車で病院に搬送されてしまいました。予定より少し遅れましたが、退院して何とか日本に戻ってこれました。今回、たくさんの方々にご迷惑をお掛けしてしまいました。誠に申し訳ないです。実はまだ頭も体もフラフラしている状態。今も療養中でして、本日までご報告も何も出来なかったのでした。

日本のバイクトライアルは、BJU(日本バイクトライアル連盟)→BCJ(日本バイクトライアル連合)と引き継がれてきたのですが、また私が代表となってスタートする事になり、今年はその1年目。

今年、還暦をむかえた広島の西崎さんがWBCにチャレンジを決意。鳥取の山本さん(雅也のお父さん)がそれをサポートする事で、2016からスタートした新カテゴリー「MAJOR(35歳以上)」に、嬉しい日本人参加が実現。8月10日、ついにお二人でWBC開会式のステージに立ったのでした。

結果は6位。今のMAJORのレベルではかなり良い方。条件が35歳からなので、当然ですが40歳までが圧倒的に強いです。西崎さんは、自分用に改造したバイクでよく戦われていたと思います。

KC49とKC49-02

KC49が延期になって、申込を参加したものの、参加の都合がつかなくなった方へのご返金を、昨日やっと終えました。

その他の方の参加お申込はそのまま9月30日開催の「KC49-02」に移行させていただきます。

また、この大会への参加お申込は8月24日開始します。

8月20日ごろには、新しく実施要綱を発表します。

参加ご希望の方はよろしくお願いいたします。

VIVA KHOTA K-2022 BFBのその後

CIMG0686_.JPG

VIVA
KHOTA K-2022 BFBのその後

2011年、バリアフリーバイクと言う新しいコンセプトで作った218kamel
Jは、おかげ様で2014年に完売。このコンセプトの支持者からのご要望もあって、何とか後継モデルを作ろうと言う事に。…メーカーをMONTY社からVIVA
KHOHTA社に変更し、スタートしたプロジェクトは、試作車が出来上がるのに2年以上を要し、やっと届いたのが1年前の7月。まあ、色々の部品が今までになかったものばかりで、時間がかかったのは仕方ないのですが・・・。

試作車のテストを終えたのが昨年の12月。今年の3月には市販を開始する予定でした。ところが理由もわからないまま生産がストップ。

それが今年も後半へと突入した先週になって、やっと最新バージョンの写真が突然届きました。第一ロットでは見送るはずだったクランクアームの形状は、最新の写真では新しいタイプに変わり、ロゴも入りました。

最初から完璧なものを目指すあまり、完成が見えなかったこのプロジェクトですが、やっと出来上がりそうな気配がしてきました。

遅れに遅れた市販車の入荷は時期近し・・・だと思います。・・・でも、今までの事もあるからなあ・・・。現物が届かない限り、安心は出来ないなあ。本当に来るのかなあ・・・。

KC49について

KC49について

 

 

先ずは、今回の大雨で被害にあわれた方にお悔やみ申し上げます。

私の方は、幸い被害はありませんでした。

金曜日の昼ごろには大会の延期を決定し、

サイトとFBで発表し、参加者の皆さんにはメールいたしました。

混乱は無かったと思います。

残念でしたが、仕方ないですね。

 

延期したKC49は7月中に行いたかったのですが、

亀岡のイベントスケジュールの都合と、

私の海外遠征(8月上旬から中旬頃まで)の都合で、

7月、8月の開催は不可能であったため、

9月30日に予定していたKC50(8月24日から申込開始)の代わりに、

KC49-02として行うのがベターと判断いたしました。

KC49-02へのエントリーは、

問題が無ければこのままKC49のエントリーを移行させていただきます。

 

KC49-02への延期がご都合悪い方につきましては、

7月20日までにメールでご連絡ください。

参加料のご返金をさせていただきます。

ただし、延期決定が大会直前であったため、

すでに準備費用(傷害保険、賞品購入、その他経費など)を使っているため、

それらを差し引いた残り(亀岡利用料、残りの予算)から、

次回の開催にどうしても必要な分(傷害保険代、その他開催経費)を差し引いた中からの返金となります事をご了承ください。

 

それで、参加料3,600円から1,000円+ATMの振り込み手数料を差し引いた分を返金させていただきます。

ご家族で申し込みされた方に付きましては、

ATMの振込み手数料はお一人分のみとなります。

必要な方は、銀行名、口座名、口座番号をお知らせください。

 

皆様にはご不便、ご迷惑をお掛けしますが、

今回は諸々の事情で致し方なく、

なにとぞご理解のほどをよろしくお願いいたします。

 

主催者

平野 博

KC49は延期決定

cid_AEC0FD6B-3D6F-4777-A060-5A39AE4925E6.jpg

KC49は延期決定

 

 

本日午前中に亀岡トライアルランドの森さんから以下の連絡がありました。

 

「本日9号線ー京都沓掛間通行止め 京都縦貫道 亀岡ー沓掛間通行止め京都から亀岡に入れない状況らしいです、こちらは主要道路なのですぐに復旧するとは思いますが、まだ金土日と雨が降り続くので開催は断念したほうが良いかと思います。亀岡トライアルランドは大きな被害はありませんが、大会本部前の泥がひどく車で入るのも困難な感じです。」

 

天気予報をを確認したところでは、

京都、大阪の上には梅雨前線が停滞し、

800ミリを超える50年に一度の大雨の予想がでています。

三重県中部は今のところ小雨が続いている状態で、

風も無く被害はありません。

皆様のところでも災害や被害が起きないことを願うばかりです。

 

早速森さんと電話で打ち合わせを行ったのですが、

仮に京都が日曜は小降りになり、

9号線や縦貫道の通行止めなどが解除されたとしても、

明日の準備のための会場入りや、

大会時の会場での安全確保を考えると、

8日に大会を開催するのは大きなリスクがあると判断いたしました。

 

楽しみにしていた方々には申し訳ないのですが、

本日夕方を待たずして、

残念ながらKC49は「9月30日に延期」と決定をいたしました。

 

10年間の開催の中で、

このような事は初めてなのですが、

どうぞ皆様のご理解をお願いする次第です。

延期に伴う諸々の事は、

今後ご連絡いたします。

先ずは取り急ぎ延期決定をご報告させていただきました。

 

主催者

平野 博